想い出になる前に

f0070628_19303565.jpg


めぐるめぐる…

幾千年の時の奔流のなか、

桜の番人として、数多くのゆめを
しょってきた

ピンクのかがやく粒子をまとった
愛と光の魂

道半ばで閉ざされてしまった少年の人生も、
花びらを含んだ髪がなびく少女のいっときの恋も
しわを刻んで、しっかりと歩き終えた一つの命も

生と死の営みを繰り返しつつ、
姿を変え、かならず、逢いに来てくれる
一人ひとりを記憶して

春が過ぎ、初夏にバトンタッチをすれば
さくらの精霊は、基本、無口

枝の隙間から覗くだけの恋をしたって、
内側に秘め、来年の準備をするだけ

つい出来心で、

何の変哲もない、集団にいたら紛れてしまいそうな
花びらとして

ふかふかの優しい手のひらに
舞い降りてしまった、その時から始まっていたの

今日も明日もただ永遠に続いていくだけの私は、

限りある青春を生きる女の子の命に、
エネルギーの一部を吹き込んで、

唇と唇が触れてしまいそうな近距離で
季節外れの満開の花を咲かせてしまうほど

まっすぐ私を見つめるあなたの瞳に
吸い込まれてしまい、

そんな時期もあったと、懐かしい思い出にしてしまう前に

「愛してる」と届けたかった


☆ピンク☆
f0070628_16403881.jpg
PS

花の気持ち、枝の気持ち、幹の気持ち、
根っこの気持ち…

中心に身を置けば、全体の想いが
ひしひしと伝わってくる

とわに、
瞬間、瞬間、己の使命をまっとうするだけと
義務付けられていた自分も、

自然界の法則を破り、初めて知った

身を焦がして
愛することで得られる、

真実の住処

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-04-17 16:41 | ピンク絵日記

桜と猫の足跡

f0070628_18571796.jpg
陽が落ちるのも遅くなり、ちょっとずつ
桜の花びらが影を潜めていくときに

サササ…、と
オレンジピンクがかった引き潮に合わせて

帰り際、見かけた
鍵しっぽの猫が、ライト指す駐車場の向こうへ

ご主人様がいるのかな

久しぶりに通りかかる道に
見知らぬ
モデルルームみたいな美しい一軒家が建っていたり

かと思えば、古くから見慣れたお家が
羽根をつけて空に飛んでいってしまったかのように
ぽっかり空き地

悲観もせずに
黙々と、その先を歩き続ければ

春風に運ばれてきた、
あったかいご飯の匂いがする

以前、じゃれて甘噛みされた
鈴つきの
近所のチャトラちゃんにも愛いたいな、
と遊歩道を彷徨ってみた、

ぽくぽく肉球の足跡を踏まないようにね

効率を求める私の頭が
落ち込んだり、悩んだりする時間をすべてかき集めて
夢のために使えたら

完ぺきな
なりたい自分になれたかなあと、ぼんやり

想いを馳せてみたけど

どうにもできなくて、喧騒から遠ざかり、

ひとときの孤独のなか、
時間を持てあまし、宙を仰ぐとき、

実は一番、たましいが喜ぶ場所にいる

自分の体内から、腹減り虫のキュルルルルという音が
聞こえてくると

ふわふわのあの子のお腹の音まで思い出すの

どうして出愛ってしまったのだろう

始まりから終わりまで、シナリオが組まれているかのごとく、
出愛いは、別れの瞬間も含んでいるから

それでも、慈しむように
モフモフのやわらかい体に
顔を埋めて
毎日しあわせで、あなたが無償の愛を教えてくれたこと

心の眼で見つめれば、永遠に咲き誇る

神近き
桜の樹の贈り物


☆ピンク☆
f0070628_19325720.jpg



PS

此処にいること
息をすること

明日をみつめること、

すべて、愛と赦しのなか
ゆるませられるなら

それだけで十分なのだ

じたばたすることなく、
沈黙しよう

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-04-11 19:36 | ピンク絵日記
f0070628_20142472.jpg
桜のエネルギーを吸い込んだ夢の風船が
いくつも
みずいろの空に浮かぶから

目移りするほどどれも素敵で

草原にぽつん、と座り、
だけど、どこから何を始めればいい、と自問自答するとき

空模様が徐々に、夕暮れに近づいていく瞬間、
キュッと切なくなる

歯を食いしばって、こらえても
花びらのごとく、ハラハラと
落としてきたいくつもの涙には、然したる理由もない

細胞が送ってくる指令一つ一つの理由を探って
解明するには

血縁においても、

個人的な過去世においても、
複合的にいろんな要素が絡んでくるため、

何億年分かの時間を要するどころか、

触れてはならない、遺伝子の聖域…と思いつつ、

最近は、それすらも超えてくる科学の発達には舌を巻くが

限界の柵がひとつひとつ外れてきた現在、
神様は自由に何でもやってみればいいと仰る

人類一人ひとりが偉大な表現者であり、チャネラーなのだから

平凡な我とて、

精神を研ぎ澄ませれば
創造の源である集合意識にアクセスできると言う


それでも
可能性も選択肢も多すぎると、
人はかえって

何も選ばないとどこかで読んだことがあり、

怯えた私はあえて、

自らを檻に追いやり、
あふれ出すときめきをも封印し、
窓の格子から
自由自在に遊ぶ彼らを遠巻きに見ていたような氣がする

そして…輝く外へ

連れ出してくれたのはいつも、不運の顔を装った、
時に、
あからさまに牙をむき出しにしたような敵

としか、表現しがたい
数多くの使者たちだ

憑依された私は

風呂場で散々泣きつくし、
うんざりするほど、鏡の奥の自分を睨みつけて、
とことん嫌いになって

ある日、それらがパリッとはがれたとき

人間として生まれついた性(さが)も含め
はじめて愛せるようになった

POWERという言葉を目でなぞるとき、
ひとつの強大な渦を連想するのだが

やりたいことを諦める、というもの悲しさとはまた違う

ビクビクが生じ、

それらにアクセスしたら
多くの常識が吹っ飛んで
自己のパーソナリティが崩壊することの恐れから、

家に帰れず
夜の公園で時間をつぶすしかない

無駄で非効率で
ぼけっとする時間に大半を取られることが多かった

今世、
想像以上に護られているのは、

記憶のどこかに
死に対する怯えが強く刻まれていたので

魂の遍歴のひとつに
非業の死を迎えていた時代もあった私に対する

はからいかもしれない

再生の春は、何度でも…

身の周りへの感謝、死への恐れも含め、

ふたたびこの地に降り立ち、
まっすぐに、果敢に、

生き抜いて行こうという気持ちを抱え、

青い地球に敷かれたレールを、黙々と、
ときに吠えつつ

一心に歩くのだ

☆ピンク☆
f0070628_20125819.jpg
PS

物心ついたころから、少女漫画が好きだったが

大人になった今、
その再ブームが訪れている

きらきらの瞳で恋に全力投球していた青春時代、

というシナリオはあえて組んでこなかった
自分だが
まっすぐに好きを表現できる彼女たちに憧れた

従来のヒロインとは何か違った趣を持っていたとしても

恥ずかしくなるほどの
ひたむきな青臭さが、いくつになっても
好きだ

精神を高みに置こうとせずととも

泥臭く、這いつくばって
ただ勢いで、走ればいい、

思いつきでも、ムードに流されてもかまわない

何も難しいことは要らない

眼前に展開される

あの
さくらマトリックスに吸い込まれていこう

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-04-05 20:15 | ピンク絵日記

まほうのつかいかた

f0070628_22193570.jpg
キラキラした春は、あまりに突然すぎて
足並みがそろわず、

何かの拍子に、その列から抜けてしまった、
こぼれてしまった

自転車で登る小坂から
転げ落ちたなんて、初めてのことで

戻り方がわからないと

迷子になって

夜明け前の川のほとりでうずくまってた瞳には、
何が映っていた

桜の枝がへし折れる前に

せめて泣けたなら、弱音を吐ければ

希望を失った
ゆらめく命のともし火が消えるまでに

届かなかったという命題を突き付けられても

それは他人事と、

いったんは飲み込み、
何も感じないようにしていたが

身の周りの出来事と、私の小宇宙は
無関係ではない

己を奮い立たせる言葉やメソッドを探していたけれど

表面的には、理解しても

真の救いはあるの…?

口をキュッと一文字に結ぶ

オーラがないとか、魔法が使えないとか

ずっと以前からのような氣がしていて

恥ずかしながら、
いまだ輝きだすのを待っている状態と思ってたから

封じ込めているの、解き放てないんだ、

そのことに苦しめられるより、
苔むした心を抱えていても、

パッとせず、ダサくても、まず一歩踏み出せ

大きく吠えるんだ、虎のように

頬に泥を浴びて、
一人でも、恥をかいても、荒っぽくても、

鳥も、動物も、草木も、人も、すべてを暖かく包み込む森の中

木の葉が振動を受け止め、
反響してくる叫びは、

数秒前、数分前、数か月前、数年前

そして、もっと遥か遠く昔からの私が

自身に向けた生きるエール


☆ピンク☆
f0070628_22143116.jpg
PS

自分に価値がないと思うなら

その感覚をとことん、味わい尽くす

価値云々を超えた
自分の存在の大きさを

鬱屈した思いが地響きを伴ってはじける
振動と共に

まるごと体感するのだ

あふれ出すパワーの大きさを受けとめきれず、
抱えきれず

泣いてしまうかもしれないが

真の歓びに出会う

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-24 22:26 | ピンク絵日記

夢宵桜のひめ君

f0070628_16244186.jpg
三月の
夢宵桜に染まりたいロマンティックな春のみち、

煌く美しさを持つ光源氏の君に誘われて

現代からしばし逸脱を…

平安時代に生きていたと仮定して、
ふらっと和歌を詠みたくなったり

お着物を着る計画を立てたり、浮き浮きしてたものの

さてさて、

突如訪れた暖かな陽気に
心も体も、ほわっと緩み切ったせいか、

うたた寝にゃんこに負けないほどの
眠気街道まっしぐらに加え

外へ飛び出した瞬間、目に見えない花粉たちに
包囲され、

喫茶店に着いて、椅子に腰かけたとたん、
ズルズル言う羽目に

お昼間から、まったく使い物にならない

これからの未来の展望について
想いを馳せる予定ではあったが

判断能力なし、優先順位わからない、もう何でもいい
来るもの拒まず、去る者追わず、

適当に思いついたことから、飛び飛びでやっていく

おしゃれな格好をして、
かっこよく読書する隣のひとに比べて、

よれよれと
ティッシュを取りに行ったり、
コップに水をついだり、クシャミしたりと
ワタワタ真っ最中

一つのティッシュがくたくたになるまで
鼻をかんじゃう

あまりのかっこわるさに泣きたくなるけど
涙より、鼻水が止まらないんだ

突っ込みどころ満載の一日の終わり、

できない自分をみとめることって
意外に簡単だったな

もうちょっと、がんばれる、と思う反面、

客観的に見て、

これ以上、このお姫様に
何をどうがんばらせればよいのか、と

脱力している


☆ピンク☆
f0070628_16411984.jpg
PS

スマホ漫画をぺらぺらめくっては、

憧れのあの人に似た王子様に求愛される
異国の姫になったり、

エネルギッシュに青春を謳歌するJKになってみたり、

数分で切り替わっていくパラレルワールドに
ニタニタしていたかと思えば

リアルでは、もうこんな時間なのね

いつも以上にぼんやりが止まらないから、

陽向にすべてを投げうって、
床でゴロゴロと
伸びきって眠っていた愛猫みたいに

ゆめごこちを満喫する

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-23 16:45 | ピンク絵日記
f0070628_23573054.jpg
とある冬の日、

その日の一日を色で表すなら、
グレーがかった白…、

そんな空の下、

ターニングポイントを迎えた私は
地元のドラッグストアで、
時間をかけて選んだ四色のアイシャドウ・パレット

魔法のアイテムと思いこみ、

カラーごとに、指を変えて、
ぽん、ぽん、ぽん…
目元にキラリとグラデーションを重ね、
締めは、
チップで一番濃いブラウンを目尻に乗せて

完成した瞬間、
女としての私を意識する

鏡の向こうに、しっとり濡れた瞳が誘っている、
あの人に見つめられたら
どうなってしまうの、と

エレベーターで二人きりになってしまったときのことを
思い出し、ソワソワ、どきどきする

こんな風に、うっとりタイムのときは
私、かっこいいかも…と自惚れるのもわるくない

たまに無意識に
『自分きらい』とつい言ってしまうときって
たいてい無理をかさねて、ごまかしてしまってるときだから

否定するより、降参してしまうほかない

きらいなところも含めて、今は愛せているけど

随時、きらいで、仕方ないときもあった

個性を主張しすぎた時期を越えたときに、
『普通』というものに憧れをいだくようになり、

ほわっとひとの輪に溶け込み、
心を自然に和ませる野の花をめざしていた

可憐な花って…めざすものではなく、当たり前のように寄り添う
ささいな幸せのかたまり

そう気づいたのは、機械仕掛けに働いて
がむしゃらに人を好きになって

玉砕してから、身に染みて理解したことでもある

何もかもを奪われたように感じてから
しばらくして

カフェの大きな丸テーブルで
大学ノートを広げて、思いの丈を綴り、

集中が途切れたら、
隆々とした色素の濃い観葉植物をスケッチして

ぐりぐりとボールペンで黒く塗りつぶしている、
今、この瞬間、この時間を

味わい、愛でることを求めていたのだと知ったとき

生きることの妙味を知った

いまはただ、激しく愛された恋の記憶より

たった一つの命をこの腕で包み、最期の日まで寄り添ってきた
ふわふわの記憶が私を泣かせる


☆ピンク☆
f0070628_00001200.jpg


PS

涙もろくなったとき、

ハートがふんわりと柔らかくなったサインだから
ほっとするの


ちなみにファンデーションも、
アイシャドウも

スポンジでつけるより、
指を使って、
お肌の温度を確かめるように塗るのが

「好きだよ」

と、お化粧の話するふりして、

あなたの目を見て、

言っちゃった…


[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-23 00:04 | ピンク絵日記

チェリースノーの調べ

f0070628_21432647.jpg
春分の日の
さくら雪は、優しい音色を秘めていて

どこまでも白く、
それでいてふんわり紅潮した

天使の透き通る頬がキュッと上がる

形あるものをシャカシャカとかき集めても
満足できず、

心の中はスカスカで

無味乾燥に思える虚しさのなか、彷徨ってきた

風邪引いちゃったみたい

ずるずると水をくむ井戸が引き下がり、
落ち込む、なんて一言で片づけるには勿体ないほど

りんごはちみつを愛でる豊かなセカイへ

愛よ、想いよ、どうか
地上に届きますようにと

換気扇まわる台所の
曇りガラスの窓の向こう

ハラハラ舞い降りてくるその光景は、

お遊戯会のとき、白い紙をちぎって
雪を演出したときみたいな、

ファンタスティックな光景が
眼前に広がり、

ほわっ、と
すっとんきょうな声を上げた

春の妖精、それとも冬の影武者か、
誰の仕業だろうと想像が膨らむにつれ、

ふと、チェリーティーをお供に
書きかけの小説に手をつけたくなる

つづきは、また明日…


☆ピンク☆
f0070628_21462528.jpg
PS

あなたと隣り合う暖かさに慣れてしまうと

ひとりに戻ったとき

シンと
えもしれぬ切なさがあったけれど

すぐに逢えるね

まいにち、コツコツと
実験を積み上げていくよ

愛すべき
このファンタジーワールドにて

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-21 21:47 | ピンク絵日記

むらさき橋を乗り継いで

f0070628_17460377.jpg

桃の花香る、
むらさき橋付近でスキップしてたら

鼻がくすぐったい

ほら、きらきらした小川の向こうで

そよ風がどこからともなく運んでくる笑い声に、
つられてニコニコ

感覚を研ぎ澄ませ、ワーッと感情を解放することは、
ときに

好きな人と見知らぬ異邦の地に旅立つような
怖さも伴うけど、

思い切ってジャンプしたら

何年も生き続けているこの地球上で
新しい空気を吸ったの

今年の春に感じるエネルギーは、
例年と何か違うような、ワクワクがほとばしる

ウィンドウショッピングに色づく
パステルカラーのトーンと、

蝶々舞う、ひらひらのスカートをまとい、
そう、確かに…身も心も軽いの

朝起きたときも、日中も、
眠る前も、
あなたのくれる愛してるが

ミルクティのあったかさに満たされるみたいに

細胞にじんわり染み渡って、言霊の威力を
実感してる

最近、
バスで出会ったおばあちゃんの荷物を
持たせていただいたら、

ありがとうと何度も言ってくださり、

グリーンの
チューインガムを三枚をもらってキュンとした

私の祖母は天国に行ってしまったけど、
守られている感覚はあるし、

鏡を見れば、切れ長の涼しげな目元に
面影を感じる

私が彼女の身長を追い越したころから

『頼もしいね』と言われる頻度も増えて

信頼されてるんだ、と思ったら、ペースを緩めて
愛と感謝とともにずっと寄り添っていきたいと感じたし

お母さんの子どもを想う気持ちも、
おばあちゃんが孫を想う気持ちも、

どちらの立場にもいない私でも、なんとなく
その愛しさを理解できるのは

同じ波動の何かと
共鳴し合ってるからなのか、

前世と言うものがあるのなら、ひとの親だったかもしれないし…

節目節目に、ひとつの終了があり、卒業もあり、
変えられないことは変えられない、
そう思っていたものの、

また別の次元で、違う経験をしている自分も
いるのかもしれないね

どう捉えるのが正しいか、というより、
どう捉えるのが楽しいかな、と考えたとき、

この先、真っ白で何も決められていないことを
願う私がいたが、

この際、どちらでも、かまわない

今、ここで体験していることがすべて、
オリジナルの選択を積み重ねてきた

私にしか感じられない奇跡だもの

次の停車駅はどこだろう、
気軽に乗り継いでいこうね

☆ピンク☆
f0070628_17411700.jpg

PS

屋根裏でも、洋服ダンスでも、

冒険の旅に出られる入口があるのなら、
キッカケを待ちわびていたの、

『チャンスは自分で創れる』
と決意するだけ

愛するおばあちゃんが私を信頼し、
頼ってくれていたように

己を信じる

受け継がれてきたDNAも信じる

さらに、さらに
固定観念を取りさらって、

無限に広がる虹色の水彩で、
おおきくイメージを描くのだ

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-18 17:54 | ピンク絵日記

宝石箱のセカイ

f0070628_23012302.jpg

ゆううつの雲なんて吹き飛んだみたいな、


春のうきうきメロディを

カラッと晴れ渡る空の向こうに並べて


夢見ごこちで、菜の花萌ゆる

うす焼き卵のガーデンへ、さあ一直線、


出だしは好調でも、突如


得体の知れない感情に巻き込まれると

動けなくなって、


アスファルトの足元の震えだけ

ガタガタ感じてしまうなど、


やっと、創作の時間ができたと思っても、

瞬間的に入り込んでくる誘惑、


もしくは、これやってから、あれやってから、

と真面目にタスクをこなそうとする私


何とか重い腰を上げたとしても、

完璧主義のもうひとりの自分が、


デッサンの狂いはないか、

やり方は間違っていないか、


と厳しく目を光らせている


ああ、それだったらやめちゃおう、とか

考えがまとまったら…、とか、

適切な表現方法が思いついたら、とか


先日、パソコンが壊れたからしかたないよ、とか


ひとって、やらない理由を考える天才だ、なんて

聞いたことがあるけど、まさにその通りなんだ


やってるつもりになって、

成功者のユーチューブの音声を聞きながら


ルーティンワークに長々と時間をかけてしまったり


ついつい、楽な方に逃げたくなるものだね


いったん、暇つぶしをやめて、

頭の中の騒がしいおしゃべりを止めて


無意識に起動させてた

スマホのアプリも開く前にちょっと待って…


ちょっとでいい、数秒でいい、

自分の夢と向き愛ってみる


人生を賭けて創り上げたいと思っている何かに

着手する


先延ばし癖を

勇敢に断ち切るチカラを、私の中に呼び戻すんだ


やりたいことに焦点を絞り、

スタート地点に立てば、


あとは、もう、取り組むしかないのだから


☆ピンク☆


f0070628_23042415.jpg

PS


身のまわりの

これも愛、あれも愛、


そして、私から生まれてきたすべてが

宝物なんだなぁと、


ちいさな神さまが耳元でささやく


夕暮れの談笑も、

手を振ってまたね、と挨拶を交わしたことも、

思い出せる限り、


まぶたの裏に浮かぶ


その笑顔と思いやりに、ポチポチいいねを押す


今日も数多くのきらめく宝石を

受け取ったんだもの…


[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-12 22:44 | ピンク絵日記

宝石ノート

f0070628_02204063.jpg



走る、走る、ゆめ瞬く間に逃げるから

追って、追って

気がついたら、追っかけられて


うふふふふと妖精たちが笑ってる


春の始まりを告げるオーブに


しあわせも、

喜びも、せつなさも、

真面目もリリックも、

エロティックも詰め込んで


一からスタートするつもりで

おぼつかない足取りでも、いいかな…、


やるべきことやってから、というルールや

整合の取れた文脈を守っているうちに、


頭を駆け巡るストーリーは、

昨晩の

幻の夢のように消えてしまうから…


思い出した、


日記好きの祖母が

畳の小さな机で「宝石ノート」をつけていたことを


ねぇ、おばあちゃん、愛いたいよ

いつもあれだけ家事をしっかりこなしながら、

美味しい煮豆を作りながら、


心豊かな時間を捻出していた技を教えてよ


思ったこと、感じたことを綴るのは

さほどむつかしくないはずなのに、


誰かの才能や輝きに目が眩むと、


私の発する言葉ひとつひとつが、それほど

大したもののように思えなくなって、


伝えたい、と思いつつ、

心の奥底でヘドロみたいに

気持ちをこじらせ、


先延ばしにしていた


そんなにだれも、

四六時中、あなたのこと監視しているわけでは

ないのだから、


自由にしてていいんだよ


もうちょっと、何も考えずに

アクション起こしていこうかな


書き損じも気にせず、手を動かしてみたら


チョロチョロ動き回るのが得意だった

ネズミ年の祖母にあやかって


☆ピンク☆

f0070628_02340137.jpg



PS


お皿洗いも、洗濯物も、

規則正しい計画表を放り出して、


いったん、秩序が乱れれば、

固定概念も崩れ去り、


キャンディポップで、おもちゃ箱を

ひっくり返したような毎日が

キラキラ広がっていた


[PR]
# by sakurano-pink | 2018-03-12 02:05 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink