<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0070628_19195967.jpg
もくてきは、よろこび
もくてぴは、よろこび…唱え続けて

早朝、ぽーんと

一刻も、外へ飛び出したいと
衝動を掻き立てられるぐらい、

みずみずしい感情の発露が湧きおこり

澄み渡る晴れ空と

雪国から運ばれてきたかと思うほどに

都会の片隅に吹き抜ける
冬の冷たい風を突っ切って、

公園で小学校に上がるか上がらないぐらいかの
小さな子供たちが、
トテテテ…と走って、転びつつ

網目のフェンスに向かって
サッカーボールを蹴る様子を横目に、

ぽんっ

ピアノのエチュードに耳を澄ませる

黒い電線のすき間から
空を仰いだ

創造主の源で
全宇宙のすべてのいのちと繋がっているという感覚

いつどき、
なんどきも

南の風が溶け込んでゆくように
壁を作らず、他者と打ち解けられる生き方に憧れた

本音のまま、素直に、自然体で、
しなやかなスタイルを保てるひとが
うらやましくて

片や、私は

数多くの情報の海に埋もれて
自分を見失い、余裕を失い、

そう書くのも憚れるほど、
自身をさらしていくのがこわくて

わかっていてもできない
助けてって言えないよ

そんなとき、

神様からの贈り物をすべて受け取ってしまったら
私、どうなるのだろう…と想像したら

かっこつけていた私じゃいられなくなる氣がしたの

豊かさも、喜びも両手で受け取るなら
握りしめていた
苦しみを手放すためにも

それらは自分が選択しているって氣づいたほうが良い

その言葉、ピンとこないのなら

徹底的に
思い通りにならない日々を送ってみると

結果、苦しみも思い通りだった、とわかる

「思いは、重い」とわかっていても

どこからともなく運ばれてくる
数多くの思い、常識たちに反応的になっているうちに

思い込みでどんどん重くなって

私が私で居られるための心地よいマイルールを
押しつぶしてたら

いつか悲鳴を上げるのだ

ときに
メディアで数多くの怒りの想念が渦巻くのを目の当たりに
することがあるが

「人が人に対して怒る」という感情は、
本来、どこにもないと聞いたことがある

自分の聖域を乱されたとか
大切な人が被害を被ったとか
我を忘れるほどに怒りに身を任せているときは別として

「こういうとき、怒らなきゃいけない」
「怒るのが普通だ」
「今こそ、怒りを爆発させよう」

という濁流に乗じる前に、

十数えて、

その感情は、正当か?と振り返ってみるのも良いと思う

本当は、
理由もなく哀しくて、やり切れなくて、
どこにもぶつけようもない何かが

「怒り」という概念に形を変えて
現れているだけなのだとしたら

両肩からなぞるように

自分をギュッとだきしめて
その体温に触れるだけでいい

とめどなく流れる血液の温かさを
指先から感じて、

びりっ、としたり
やっぱり、わからなくても

ほんまもんの愛を受け取ることから


☆ピンク☆

f0070628_19463882.jpg

PS

平成最後の年末に、

街灯で浮かび上がる
クリスマスカラーのイルミネーションの、

上りと下りのエスカレーターで交差する

初めてなのに初めてじゃない、あなたと目が合う

こんなの偶然じゃない
話しかけたいと思っても

よほど突き上げてくる衝動でもない限り
すり抜けてゆく

忘れてゆく

色んなことが閉じてゆく

一つの時代が終わる

生と死のはざまで

どよめき、戸惑い、歓喜、感謝、
数々の想いのカケラを受け取り

いつかまた会えるかもしれない期待を蹴って、

追いかけよう、創り出していこう、
今ここから

たくましく育った世界の動脈と共に

まだ見ぬあなたと
私の物語は紡がれてゆく
by sakurano-pink | 2018-12-15 19:31 | ピンク絵日記

スキップしても良かった

f0070628_01142568.jpg
緑の小高い丘で
流れゆく雲を見つめるさまを見て

きりんの首が
どこまでも どこまでも 伸びる 
果てしない

金色の産毛の温かいその体に抱きついて、
緩んで、ホッとしたら
もうちょっとがんばろうか、

あまりにも無駄が多いと感じるのなら
スキップしても良かった

たとえ、やめないという選択をして
蛇足だったと悔やんでも

抜け落ちた時間の分、生き延びればいい

生きたい

ふつふつと湧き出てくる四文字

生きるってどういうことだろう

良い波に乗って、成功する人もいれば
矛盾だらけの世界の翻訳に失敗して
転落してしまうひともいる

私もそうなのか…?

高尚な悟りを求め続け、

負けたくない、という気持ちだけは強いけど
勝てないから抱いてしまう焦燥感にあおられ、
また負ける

勝てない、いつまでも、無限に
いったい何にだ

勝ち負けじゃないよ、と言われても
そう言う人の神経が理解できないほどの
負けず嫌い


ならば、全力で挑もう、自分自身に

みじめさをさらけだせ

何の変哲もない
一つの詩にどれだけのパワーがあるのか

知らしめろ

私という存在には、
物質的ないのちを超えたエネルギーが
秘められていて

行方もわからないまま、歩くみたいに

言葉に込めた想いが
どこに運ばれていくか
予想もつかないまま綴られていくが

そう、たった今

弱音を吐かない勇敢な背中が
ときに泣いてみたって、叫んでみたって
良いと思うんだ

溜めているのがいちばん、良くない

聞いてもらうだけで、寄り添ってもらうだけで
自分の中の答えに気づくことができるから

無意識にでも、しあわせの流れに乗りたいと
生まれてきたときから
思ってきたこと

生きるのをむつかしくしてしまったのは、
どこの誰の思惑かはわからない

誰のせいでもなく

少しでも勇気を出せば
混沌とした悪いものは断ち切れる
流れは変わる

きっぱりノーと言え

結果には繋がらなくても
もともと、どんな結果を求めてたなんて

胸の内をさらしてみなければ、
わからないのだよ

真の願い、

競争するより、分かち愛いたい
互いに持っているものを

☆ピンク☆
f0070628_01290675.jpg

PS

一瞬にして、
現実を変えるような

楽な道を選ぶことが
もっとも苦しいことだと

ハートが言っている

それは、なぜなの、

愚かだって、頭は判断しても

日々、
コツコツ、すこしずつ、
確実にできること

溜まったお皿を洗うことから
ハミングしつつ、

たのしみながら、やってみたいんだ
by sakurano-pink | 2018-12-12 01:30 | ピンク絵日記

まるごとてへぺろ

f0070628_19194823.jpg
秋の交響楽団の音色に誘われ、

かさかさ…忍び足で
落ち葉踏みしめ、金色のときを肌で感じて
静寂かつ、
ダイナミックに響き渡る大気の振動

ひこうきが空を駆け抜けるみたいに
手を広げて、地を這いつくばって

雲が少しずつ
冬へ移動していくさまを目で追いながら

こんなにも、季節はゆっくり動いている

知らなかった

ううん…懐かしい、
少し前までは知っていた

人生をバラ色にする答えは外にあると、
よけいなものを詰め込みすぎて、

すでに備わっている
心のナビゲーションの針が錆びついていたことに
氣づき

行きつ戻りつ、
削ぎ落している最中…

運命のシンクロニシティ
はじめてなのに、はじめてじゃない
惹き愛う何か

一時停止すれば、
自然はいつも教えてくれる

極上の今、このとき

頭で理解していても
心が動かない状態のとき、
立ち止まることも何もしないことも逃げではない

防波堤で一面、曇りに覆われた景色を眺め、
ふんわり風に揺られ続けるだけの行為

こんなに勇気が試されるとは思わなかった

何も持っていないからこそ、

信じた奇跡に結果を求めることなく
愛を見つけるチャンス

眠り続けるタイムカプセルを呼び起こすには

刺激で麻痺した心と体をいたわり、

退屈、暇、やることが見つからない
といった
一見、面白みのない、
スカスカの骨組みのトンネルを

無心で、ぽつぽつ、くぐり抜けるのだ

キラッと輝く
ほんとうの笑顔に到達するまで


☆ピンク☆
f0070628_19205734.jpg

PS

明日の今は、まったく違うことを考えていたって
いい

うっかり

あなたの腕に飛び込み、
愛の告白めいたことをしてしまうかもしれないが

そんな自然の流れにも逆らわない


予測のつかないアクシデントも
理性が伴わない赤面でさえ、

生きることそのもの

まるごと
てへぺろしようと決めたから



by sakurano-pink | 2018-12-05 19:21 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink