<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

玉響(たまゆら)のミライ

f0070628_21083584.jpg
ひとりぼっちの隅っこのセカイ
クリーム色の壁にもたれかかって、

まあるい地球儀をまるごと抱きしめながら、

しばし呆然としていたい…

アクアリウムの底に沈んで、
あぶくしか発せられない

ここ数日、まとまらない
うまく言葉に表せない、

公式に当てはめて、行動するのがこんなにも
むつかしいなんて、思ったより
自分の心はわがままだったが、

恐らく、誰かを
ねじ伏せられたとて、虚しさだけが残りそうで
きっとね

人それぞれ
運命のシナリオの中に

幸せ、不幸せ
勝ち組、負け組
成功、過ち

もろもろの要素を含んでいるのは、
ごもっとも
どちら側に行ったとて、

そんなもの放り出して

どうでもいいやと

あくびする時間が、こんなにも豊かで
至福のひととき

幽体離脱したかのように、いっとき
行方をくらますのは、得意技

じたばた焦っても何も変わらないと
悟ったなら、潔く立ち止まろう

きっとそう
心の奥底では、理解していて
ミライの私も、温かく見守っていてくれてるなら、
恐いものなんて、存在しないから

☆ピンク☆
f0070628_21115904.jpg
PS

生と死のスパン
私の自由意志で操れるものなのか…

ここに居続けられる理由は、ごくたまたまの偶然なのか

たまゆらの奇跡なのか

目的など何もないが

ずっと表現し続けられたらいいなって
ゆるく思っていたら、此処まで来ていた

生きるエネルギーである
夢の一滴をきょうもぽたぽた落としていく
[PR]
by sakurano-pink | 2018-09-26 21:13 | ピンク絵日記

天使の領域

f0070628_21223007.jpg
翼広げたまま、
仰向けにバサッと身をゆだねれば

羽根が空中にぷかぷか舞い上がり、

あしたが楽しみな分だけ、ソワソワして
フワフワして、

涙色の宝石が降ってきた

クッション、ほわんぽわんと空中に飛ばして

パールの素粒子がふんわりかかった桃色ほっぺたが
きゅっと上がる

キャパも、時間も、なんもかも

足りない、じゃなくて、
足らないの…

にやにや

加えて落ち着きが足らないから、誰かに押さえててもらわないと
飛んでいってしまいそう

憧れ、ゆめ、透明人間、白馬の王子様、
パープルピンクのユニコーンに
恋してるみたい

書き留められないほど、思考が入れ替わり
描き留められないほど、場面が切り替わるから

こんなボーっとした子になっちゃったのだけど

飛んで、飛んで、飛んで、まわって、泳いで、つかまえて
お魚になってみたり、鳥になってみたり、

描きたいイメージが湧いてきた…

ひとつひとつのことを気にしすぎる
ちょっとしたことで、前に進むのをためらって
立ち止まってしまう

ごくごく小さな頃は、自分が王様だったから、
感じなかった戸惑いが
ハートをしめつけるとき、

神様に
考えなくていいよ、と言われてホーッとした…

できれば
子どもと大人のいいとこどりしたいの

きらきら
感覚が鋭くなった分だけ、
過去の古傷がたまにうずいて、

なぁんにも、わるいことしてないのに

夢見がちなものはコソコソ隠れて
覗くようになってしまったり…

それでも…

意識的に、綺麗なもの
こころが洗われるものを見る
取り入れる

愛と感動を食べて生きる
天使のような生き方がしたいね

☆ピンク☆
f0070628_21333038.jpg
PS

自分と異質なものに対して、ひとは無意識的に

排除したくなる

という性質を持つらしく、

それって、勿体ないことだと最近気づいた

この地球に生まれてきたのだから、
さまざまな
バリエーションを楽しみたいもの…

未体験ゾーンでも
こわがらないで

幸せピンクのリップを塗り直し

果敢に飛び込んでいこう

[PR]
by sakurano-pink | 2018-09-05 21:49 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink