人気ブログランキング |

オペラレッドの沈黙

f0070628_19122732.jpg
何を発することもなく、

その一秒が、果てしなく長いと
感じられたとしても、沈黙の金の時を
味わってみて

奇跡の扉が開くから

こころに一点集中
綴りながらの瞑想に耽る

内側に、徹底的に、引きこもる

深呼吸して、落ち着いて…大丈夫

手持ち無沙汰で、ふわふわふわふわ

やっと、毛布がわりのコートをそっと掴んで
膝にかける

パッと魔法のように切り替わるかと期待しつつ、
置いてきぼりを食らったような疎外感と向かい愛いつつ、

それでも、何だかパタパタしてた

代わりに、オペラレッドのリップを塗り直す

パタパタしてるなぁ…と思う、

それすらも、静観する

架空の何かに脅かされそうになって

魂の声っていろんなものに押しつぶされて
聴き取りづらくなってる

探し回っても見つかるものではなくて
静かに瞳をとじて
ただ、まあるく抱きしめるだけ

振り回されて

無理しちゃっても、良いんだけどね
それはそれで、面白いから…
もう、十分、やり尽くした

起こることすべて
運命だとか、決められていないとか
そんなことはどうでもよくて

すこし、たいへんでも、とどまっていよう
黙っていよう

事態がのんびり動き出すまで、放っておく

目に見えない、感じ取れない

不確かな希望に過ぎないのかもしれない

それでも、

ミシン、ミシンと
歯車は徐々に動き始めている

断片でも、微かな足取りを
書きとってゆこう



☆ピンク☆
f0070628_19382543.jpg


PS


ホッと一息ついて

待ち時間が長いときも、

可愛らしい
森のドワーフたちが話しかけてくれる

とりとめもないお喋りが
いつまでも、どこまでも続いてゆく

風の流れと、
一体化して、

自然体のまま、あるがまま


by sakurano-pink | 2018-11-26 19:59 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink