人気ブログランキング |

シンデレラの砦

f0070628_16282398.jpg

秋の昼下がり、

青空の下、自然に歩を進めていた
誰に何を言われるまでもなく、

不思議な感覚だった

モーツァルトの甘い音色に耳を澄ませ、

頭の中のお喋りを止めて、
ぽーっとして、無になる…

金色のとき、
黙々と、ただ歩く瞬間瞬間がこんなに愛おしいなんて…

やはり、此処に戻ってきた

起こること一つ一つに反応的で
ぶんぶん 振り回され続けるしかなかったの

辿り着きたい、やり切りたい、
完了したいという気持ちがうずくが

道のりを楽しむ余裕とか、
神様の奇跡とか、
ぽーんと、遠くへ投げ飛ばしていたのは

しっかり、自分の足で立ちたかったからなんだよ

それが全部無駄だったなんて

最後の切り札を失い、右往左往するしかない中、
やり方を探すことを諦め、

呆然とする

力を抜いて
その選択を取れば、ふわーっと答えが浮かび上がってくる

なかば、しんどいが
もう…自分から逃げ回ることに終止符を打たないか

努力することから
ひたすら逃げることを努力するという
なかば効率のわるいことをやっていた中、

どうしたらいいんだろう…
ひとつひとつの言葉のすき間で、腰を落ち着けて

しばらく、外を探し回ることを止めてみていいだろうか

ほんものの願いを知っている

こころ 

という、つかみどころがなく
果てしなく強大な宇宙に

どんどん吸い込まれていく


☆ピンク☆
f0070628_16314635.jpg
PS

起きている現実と真面目に向かい合うこと
バラ色の理想と思い込まされていることを追いかけること

両者とも違うことのように見えて、
カチカチふわふわとしたお化けに
足元をすくわれている状態

足さない 引かない…
ありのままの自分と向かい愛うこと

はた目には、ぼーっとして
欠伸しているようにだけにも見え、

時間は食うが、

自覚的に行えることで
最も実り大きい行為だ
by sakurano-pink | 2018-11-24 16:40 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink