モーツァルトの夕べ

f0070628_19505599.jpg

オレンジ色のそらに溶けてゆく
鱗雲に連れられて…、

シャーベットの感触を味わうみたいに
さくさく、さくさく、

遥々と

一歩また一歩
薄グレーのマッスをめざして

奥の奥まで、歩を進める

把握している以上に

彩りあふれるいのちの気球
エネルギーが吹き込まれ、
大海原の空をぐるっと遊泳する

顔を上げて
高い高い建物まで首が伸びてしまうほどに
ぐーんと、

思い切って、飛び出してみた


あなたが感じた涙も痛みも伝わってきて
それはごく当たり前で
ひとりで
打ち消すことなどできないのなら

まるごと、大自然に放ち、

そのまま、ありのままを
預けてほしい

どんな重々しい負でも
まあるく抱きとめ、感じ切ることで

浄化できる

日曜日の公園を久々にうろつけば
運動靴に小石が入り、立ち止まり

片足立ちになり、履き物を脱いで
砂を出そうと振ってみるのは、

魔法のアクションだって…氣づかなかった

視界に入ってきた

親に見守られながら
公園遊具で遊ぶ子どもたちを見て…

さらにその先、

繁華街の方まで
ズンズン歩いていけば

吹きあふれる 押し出されてくる
荒々しいほどの
生の息吹にもまれて、

何かに突き動かされるように、前進する最中、

なぜだか、ふと
人が好きと感じることができた


☆ピンク☆

f0070628_19565820.jpg
PS

道端にて咲き誇る
可憐な花に

水やりをしてくれる
誰かの優しさ温かさに今日触れた
日々の
ひとさじの努力に

きゅんとして、
目が合うとすこし照れながら
また場面が切り替わる

華やいでうっとりするときも
哀しみでぼんやりするときも

いっしゅんの
この先、ちょっとずつでも

愛と感動をたべていこう

まいにち、つづけるよ
[PR]
by sakurano-pink | 2018-10-14 19:57 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink