玉響(たまゆら)のミライ

f0070628_21083584.jpg
ひとりぼっちの隅っこのセカイ
クリーム色の壁にもたれかかって、

まあるい地球儀をまるごと抱きしめながら、

しばし呆然としていたい…

アクアリウムの底に沈んで、
あぶくしか発せられない

ここ数日、まとまらない
うまく言葉に表せない、

公式に当てはめて、行動するのがこんなにも
むつかしいなんて、思ったより
自分の心はわがままだったが、

恐らく、誰かを
ねじ伏せられたとて、虚しさだけが残りそうで
きっとね

人それぞれ
運命のシナリオの中に

幸せ、不幸せ
勝ち組、負け組
成功、過ち

もろもろの要素を含んでいるのは、
ごもっとも
どちら側に行ったとて、

そんなもの放り出して

どうでもいいやと

あくびする時間が、こんなにも豊かで
至福のひととき

幽体離脱したかのように、いっとき
行方をくらますのは、得意技

じたばた焦っても何も変わらないと
悟ったなら、潔く立ち止まろう

きっとそう
心の奥底では、理解していて
ミライの私も、温かく見守っていてくれてるなら、
恐いものなんて、存在しないから

☆ピンク☆
f0070628_21115904.jpg
PS

生と死のスパン
私の自由意志で操れるものなのか…

ここに居続けられる理由は、ごくたまたまの偶然なのか

たまゆらの奇跡なのか

目的など何もないが

ずっと表現し続けられたらいいなって
ゆるく思っていたら、此処まで来ていた

生きるエネルギーである
夢の一滴をきょうもぽたぽた落としていく
[PR]
by sakurano-pink | 2018-09-26 21:13 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink