Reading myself…

f0070628_21560447.jpg

ひっくり返せば
∞の可能性に満ち満ちていたはずの8の頃、

セピアがかったグレーが私を支配していた

集団生活が特に苦手だった子ども時代
今よりずっと大人だった氣がする、

吹き抜ける一陣の風のなか、

初めてぶつかる愛しさの中に見つけた
懐かしい瞳の色、

こわごわと拒否してるのに
耳に馴染むメロディ、

初めて訪れた岩窟は
さむざむとしつつ、
故郷のような氣がして

心の奥にきゅん、と当たるもの

遠い昔、辺境の地で感じた
深い孤独と引き換えに手放したくない安堵も、

カーニバルの熱気で味わった
歓喜と絶望のひと時も、

ねえ、この感じ、経験したこともないはずなのに
なぜ知っているの…

未知の
パラレルワールドに様々な私が存在していて

ひとりだけ、ぽつぽつ話しかけてくればいいのに
意識を開くと、

あちこちで繰り広げられるマスゲームが
一斉に花開くがごとく、

お喋りが止まらなくなるみたいで

たすけて

体がふわふわ浮いて定まらない感覚と

新しいエネルギーが入り込んできて
胸がうずうずしている…

何もかも輝きに満ちて肯定的に受け取れる瞬間と
すべて否定的にしか捉えられない瞬間のはざまで

生きていたいような
半分、もうこの世にいないような

迷子が止まらない


☆ピンク☆

f0070628_21494560.jpg

PS

お腹が空いたから、

お母さんの作ったおにぎり食べたいと
少し泣いてるみたいな心細さのなか

寂しさを忘れたくて

連続的に

ときに
断続的につづられる

こころの目で捉えたドリームダイアリーの中に

数多くの
私を見つけてね
[PR]
by sakurano-pink | 2018-07-27 21:57 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink