心の中を彷徨うほどに、あなたのこと

f0070628_21592402.jpg
真夏の令嬢のように
涼しげにアップスタイル

全身鏡で確認しながら、
ドレッシーなリボンをつけてみるだけで、
テンション上がる

街中の雑踏をかき分け、
外側に
思い切り巻き込まれつつも

内へ内へと強力に引きこもるエネルギー、

心の中を彷徨うほどに
どれほど、あなたのことが好きか、
鮮明に見えてきた

嘘はつけない証拠に

鏡越しに
二の腕をさらけ出し、きらきら肌魅せしている
自分を見つけて戸惑い、

立ち昇る熱気の中、

慣れない電車の乗り継ぎで、
目的地と逆方向のホームにいることに
はたと気づき、

一本電車を見逃す

日々ながれるスピードが速く、
胸騒ぎして、言葉がうまく紡げない…

そんなとき、子供のころに言われた
おばあちゃんの言葉を思い出す

急がば回れ

お膳を一度に運ぶのが大変だったら、
小分けにして、何往復かしなさい
こぼしてしまうより、ずっといい

いちにちに、多くの事を勝ち取ろうと
必死になっていたね

少しでも、ちょっとでも、一つでも
半分でも、
たしかに響くことや、本音や
きらりと光る何かを見つけていこう

☆ピンク☆
f0070628_22002049.jpg
PS

背を向けるしかなかった私を
ほんとうを隠して
逃げて、行方をくらますしかなかった私を

どうか、ゆるしてくださいと

あやまったり、ゆるしを懇願することが
解決につながるわけではないって
わかっていても、

ぽっと出てきた

ごめんね、って
何だかホッとするね

他者に認められたいわけではない

私自身が、
強がりを捨て、
弱さを受け容れられたことだけで、

この瞬間は、
もう十分…
[PR]
by sakurano-pink | 2018-07-24 22:28 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink