翡翠のメルヒェン

f0070628_19052121.jpg
六月のなみだと、情緒不安定なあじさいの揺らめきは
やや病弱で儚げな
少年少女の線の細さのようであり

移ろいやすく、
夢みるように美しいのだろう

葉っぱを伝い、
ぷるんと揺れては
水たまりに吸い込まれてゆく

翡翠の雫たちよ、

生きている時間に制限など持たず
とわにメルヒェンの世界に閉じ込められた
ガラス越しのうさぎの影絵と

その向こうで
何をしているのかわからない
あなたに触れるのにも
遠慮がちになる

姿形はっきりと確認できなくても
その息遣いに、

耳元で響く声のグラデーションに片想い

結末を想像しては、
先行き不透明なカーテンの裏にひっそり隠れて

さめざめと泣いていたが、

忘れることも切り捨てる必要もなかった

時期が来れば、自動的に
どこか別の場所に召喚されるのだから

何を急ぐことがあるのか

いま、ここに芽生えた
いつまで留まれるのか保証もない想いを

たいせつに抱きしめればいい


☆ピンク☆
f0070628_19160853.jpg
PS

頬杖をつきながら、
ため息しか発することはできなくても、

恋した
シルエットだけ残しておく

触れたい、触れられない

あいまいな関係でも、

どうか、

心の騒音に
かき消されることがないように


[PR]
by sakurano-pink | 2018-06-20 19:17 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink