隅っこのセカイから見てた

f0070628_16473821.jpg
がやがやとしたお昼休みの学級内や

エビフライが雨音のようにびちゃびちゃ
揚がるBGMの食堂で、

複数の人と会話を交わすときに

ふっ…と

時を止めてしまうほどに、
レスポンスが遅くなる瞬間があり、

グループの会話速度に
ついていけなくなることが
ときに悩ましく、

透明な窓ガラスを通して見える屋外の
吹き抜けのスペースにて

同世代の若者たちが、
歌ったりダンスしているのを見ると、

遠目から、うらやましく感じたりもした

ひとりこもって

カフェの隅っこ辺りで
綴ること、書くことを通し、

ペンのインクがなくなるまで
自分自身を正確に表すことにこだわってきたのだろう

誰にも認知されていない喧騒のなかで、
ぽつんとぼんやり
マイワールドに籠ることには
長けていて

「複雑な性格ゆえ、そう簡単に自分は理解されない
理解されたくもない」
という
甘えが、時折、私自身を支配をしていたが

そこは、克服したほうがいい
自分の幼稚さであるな、と感じることもある

私のシンプルかつわかりやすい特徴として

幸せを感じた瞬間シュークリーム

「ありがとう」という言葉に乗せて、
他者へ伝えると喜びが増す

学生時代と今とでは、
人との向き愛い方が変わってくるもので

例えば
恋愛や友情やビジネスなどの信頼関係などは
それぞれアプローチ法が違うのだと
頑なに思い込んでいたものの、

年々、さほど違いなどないのではと
思うようになってきたのは

根本は「人と人とのコミュニケーション」だからだ

以前は、
どこかで歯車が崩れると、

その先を構築するのが非常に困難に感じられていた

笑顔を届けることも、感謝を伝えることも
私の全身を使って、
どう表現していいのか

ときに

相手の気持ち量りすぎて

頭でぐるぐるシミュレーションするし、
これでよかったのかな、と思うたび、

螺旋階段をさらに
ジグザグ、ジグザグ、足取りがもたつき

スムーズに歩けなくなることもある

土壇場では、私は私のやり方でしか、
人と向かい愛えなくて

それが時に、ぎこちなかったり、
たどたどしかったり、

これまでの経験則から、
「重すぎる」と受け取られることが
多々あるような氣がしてるけど

誤解されるのはいやだな、と思ったから
一つ一つ、素直になるチャレンジしていくんだ

☆ピンク☆
f0070628_16573087.jpg

PS


うつむき、
疑心暗鬼を膨らませるより
ずっとずっと

人という存在は、私が思うよりずっと
優しくて、温かくて、

誰しもが不器用で、わかり合いたいと渇望しているのだから、

そのまま、ありのまま
まっすぐ目を見て
受け入れていいものなんじゃないか、と

ありがとう、

無になって、まずはそこから…

[PR]
by sakurano-pink | 2018-05-23 17:05 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink