ラベンダーの空で待ってる

f0070628_18254217.jpg
そよそよと風揺れる、ラベンダー畑の想い出

澄み切った水色と、夕焼け色が
心地よいため息のように、交じり合う

果てない空に包まれ、

お下げの私は、ときめきのまま、
甘酸っぱい香りとともに、

ゆめの世界へ吸い込まれてゆきたいと

ふわっと願っていたら、

小さな麦わら帽子のリボンが解け、
憧れに吸い寄せられように飛ばされてゆく

「大丈夫だよ」と、頭の上から響く、
静寂を含む声音

隣で、あなたの大きな手を握っているとき、
体全身をみなぎる安心感に包まれ、

「またここに来るね」と約束したの

ゆらり、ゆらりとハンモックに身をゆだね、

目覚めれば、

いつ私はここに産み落とされたのだろうと、キョロキョロ
不安げに辺りを見渡し、

涙をこぼした

日々、いろんなことで揺れ動く心をすり減らし

険のある眼差しで
知らずうち、自己を威圧していなかっただろうかと

ふと、振り返る機会を持つ

まだ見ぬ明日のために、右往左往し、

完ぺきな人生を創り上げられないのは、
怠慢だと、自身をくるしめていたことも

それでも、思い出してと、

等身大の、いまの、ありのままの自分で良い

人生のシナリオは、正邪を問うことなく、
今日も刻々と
ベストな方向に向かって流れてゆくのだから、

迷ったり、疲れたら、
いつでも

まぶたの裏の原風景に戻ってゆこう


☆ピンク☆

f0070628_18295180.jpg
PS

空と花の匂いに運ばれて、ふたたび…、

あなたは、

時が満ちるまで、この地でずっと
待ち続けてくれていたの

あの頃と変わらない長さの
うしろ髪をなびかせ、

ぽつり、つぶやく、

今度は、私が
あなたを守らせてね

[PR]
by sakurano-pink | 2018-05-11 18:30 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink