夢宵桜のひめ君

f0070628_16244186.jpg
三月の
夢宵桜に染まりたいロマンティックな春のみち、

煌く美しさを持つ光源氏の君に誘われて

現代からしばし逸脱を…

平安時代に生きていたと仮定して、
ふらっと和歌を詠みたくなったり

お着物を着る計画を立てたり、浮き浮きしてたものの

さてさて、

突如訪れた暖かな陽気に
心も体も、ほわっと緩み切ったせいか、

うたた寝にゃんこに負けないほどの
眠気街道まっしぐらに加え

外へ飛び出した瞬間、目に見えない花粉たちに
包囲され、

喫茶店に着いて、椅子に腰かけたとたん、
ズルズル言う羽目に

お昼間から、まったく使い物にならない

これからの未来の展望について
想いを馳せる予定ではあったが

判断能力なし、優先順位わからない、もう何でもいい
来るもの拒まず、去る者追わず、

適当に思いついたことから、飛び飛びでやっていく

おしゃれな格好をして、
かっこよく読書する隣のひとに比べて、

よれよれと
ティッシュを取りに行ったり、
コップに水をついだり、クシャミしたりと
ワタワタ真っ最中

一つのティッシュがくたくたになるまで
鼻をかんじゃう

あまりのかっこわるさに泣きたくなるけど
涙より、鼻水が止まらないんだ

突っ込みどころ満載の一日の終わり、

できない自分をみとめることって
意外に簡単だったな

もうちょっと、がんばれる、と思う反面、

客観的に見て、

これ以上、このお姫様に
何をどうがんばらせればよいのか、と

脱力している


☆ピンク☆
f0070628_16411984.jpg
PS

スマホ漫画をぺらぺらめくっては、

憧れのあの人に似た王子様に求愛される
異国の姫になったり、

エネルギッシュに青春を謳歌するJKになってみたり、

数分で切り替わっていくパラレルワールドに
ニタニタしていたかと思えば

リアルでは、もうこんな時間なのね

いつも以上にぼんやりが止まらないから、

陽向にすべてを投げうって、
床でゴロゴロと
伸びきって眠っていた愛猫みたいに

ゆめごこちを満喫する

[PR]
by sakurano-pink | 2018-03-23 16:45 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink