宝石箱のセカイ

f0070628_23012302.jpg

ゆううつの雲なんて吹き飛んだみたいな、


春のうきうきメロディを

カラッと晴れ渡る空の向こうに並べて


夢見ごこちで、菜の花萌ゆる

うす焼き卵のガーデンへ、さあ一直線、


出だしは好調でも、突如


得体の知れない感情に巻き込まれると

動けなくなって、


アスファルトの足元の震えだけ

ガタガタ感じてしまうなど、


やっと、創作の時間ができたと思っても、

瞬間的に入り込んでくる誘惑、


もしくは、これやってから、あれやってから、

と真面目にタスクをこなそうとする私


何とか重い腰を上げたとしても、

完璧主義のもうひとりの自分が、


デッサンの狂いはないか、

やり方は間違っていないか、


と厳しく目を光らせている


ああ、それだったらやめちゃおう、とか

考えがまとまったら…、とか、

適切な表現方法が思いついたら、とか


先日、パソコンが壊れたからしかたないよ、とか


ひとって、やらない理由を考える天才だ、なんて

聞いたことがあるけど、まさにその通りなんだ


やってるつもりになって、

成功者のユーチューブの音声を聞きながら


ルーティンワークに長々と時間をかけてしまったり


ついつい、楽な方に逃げたくなるものだね


いったん、暇つぶしをやめて、

頭の中の騒がしいおしゃべりを止めて


無意識に起動させてた

スマホのアプリも開く前にちょっと待って…


ちょっとでいい、数秒でいい、

自分の夢と向き愛ってみる


人生を賭けて創り上げたいと思っている何かに

着手する


先延ばし癖を

勇敢に断ち切るチカラを、私の中に呼び戻すんだ


やりたいことに焦点を絞り、

スタート地点に立てば、


あとは、もう、取り組むしかないのだから


☆ピンク☆


f0070628_23042415.jpg

PS


身のまわりの

これも愛、あれも愛、


そして、私から生まれてきたすべてが

宝物なんだなぁと、


ちいさな神さまが耳元でささやく


夕暮れの談笑も、

手を振ってまたね、と挨拶を交わしたことも、

思い出せる限り、


まぶたの裏に浮かぶ


その笑顔と思いやりに、ポチポチいいねを押す


今日も数多くのきらめく宝石を

受け取ったんだもの…


[PR]
by sakurano-pink | 2018-03-12 22:44 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink