入眠前、チラと、かすめた星屑たちが…

f0070628_19530892.jpg
一日の終わりに
これからお風呂に入ろうかな

その前に、ちょろっと散文を書き残しておこうと
思ったが最後

はたと気づけば
午前五時、地べたに座り、ベッドを台にして
頬杖ついたまま、寝落ちしていたのに気づき

本来なら、大いに焦るものの、

寝ぼけた頭には、お星さまが点滅していて

ここはどこ、私はだあれ、と
天然モード全開な夜明け…

眠らないようにあえて、横にならなかったのに

座ったまま、眠る技術を体得していた

やりかけの仕事がころころ
いたるところに転がっていて、

ふらふらしたまま、湯船に飛び込み、
頭も体もとろけて、ぽやぽやしたまま…

それから、
二時間半ほど浸かってた

布団以外の場所で、
スリープモードに突入した私は恐らく、
『あうー』とか
『おおおおお』としか言えない、何も考えられない
何もしたくない
無の境地で

目覚めの直後も、まだ夢の中にいるみたい

頭が作り出した
日々のフォーマットから外れて、わりと
こんなことをやらかす

眠い時にがんばっても能率が上がらないことは
重々承知しているものの、
夢中になりだすと、マイルールも潔く破ってしまうが

そんなときに限って、

『あはは、楽しくなってきたぞ』
とつぶやくものだから

神様も呆れてるかな…


☆ピンク☆
f0070628_20103830.jpg

PS

魂の乗り物である肉体が
寝たり、食べたり

こころの色が
グラデーションのごとく
移り変わっていったり…

当たり前に人間に備わった機能が、
素晴らしいと感じる

頭が働かないときは、とくに…


[PR]
by sakurano-pink | 2017-10-26 20:24 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink