天使よ、どうか振り向いて

f0070628_23593011.jpg
12月は、それぞれの聖夜がある…

大事なあなたと交換する
クリスマスカードを買うため、

駅前で待ち合わせ

ぶきっちょな私は、カーラーの巻き方を間違えて
髪がはねたまま
駆け付けた

あなたが何度か、頭をなでるふりして、
髪を整えてくれて…

ふと、ぐずりそうになったら

ゆるゆるにつないでいた手を
ぎゅっと…
しっかり握り返してくれて

無邪気なひとときを過ごした

天使ととともに祝福のベルを聴く者もあれば、
固く閉ざされた門の前で、泣くひともいるかもしれない

そして、こうして、さめざめと泣き続ける私は、
何を泣くことがあるのだろうか

はっきりとした理由なんてないし

何も泣くことはないじゃないか
かっこわるいな私は…

でも泣いたっていいじゃないか

涙の隙を与えないほど、
笑顔でいなくてはならないなんて、嘘だ

私は、

自分と言う魂がこの心と体を頂いて
地上で生息していると悟った日から、

何が幸せで幸せでないのか、
定義しづらくなっていた面もある

大事なあの子が
今までどれだけ喜びをもたらし、
支えてくれていたかわかった

今の私に
あの子を失った今年を振り返るなんて、
おそろしいことはできないから

ひたすら、いまを見つめるんだ

あなたは、
そんな気難しい私に付き合ってくれてうれしいの

自分のよろこびは自分のものとして抱きしめていいとわかる

あなたと飲んだ生姜チャイ
いっしょに交わしたたくさんのキスも

男らしいその厚い胸板をパンチしながら
笑ったときのことも

幸せもときめきも…

笑いたいとき笑って、
泣きたいとき、泣いて…すべて分かち合えたらいい

わがままを言わせてくれてありがとう
子どもみたいに言いたいことを言わせてくれてありがとう

私はショッピングモールに居ても、
何を買っていいのかわからないほど
物欲がなかったりして…
ほとんど喫茶店で思索を費やすほど
精神的な人間で、

どれだけ永くあの世に引きこもっていたのだろうと
苦笑してしまうね

人生の楽しみ方がわからないなんて絶望的だったけど
こうして誘い出してくれるから
イルミネーションが見られたよ

ただ、自分に言い聞かせる

頭ごなしに言われても無理だろうけど

どうか、もう一度、その心の目を開いて
背を向けないで

私を取り巻くこのセカイは、
あきらめない限り
見つめ続ける限り、

色あせることなく続いていく


☆ピンク☆
f0070628_00020683.jpg
PS

駅の待合席の座席が、ひんやりしていたから
立ち上がって、

おどけてジャンプして

ポンポン、あなたと言葉を交わした

転びそうになっても、

受け止めてくれるその腕があるから
安心して

私は傍若無人に振る舞えるのね…

あなたにとって
私もそういう気の置けない存在でありたい

[PR]
by sakurano-pink | 2016-12-18 00:03 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink