恋のマニュアルは捨てて

f0070628_02341618.jpg
ことば一つ一つが色彩であり、メロディであり
独立した要素ではあるけれど
組み合わせによっては、まったく違うものになるから
ふしぎ

長い沈黙と
がんじがらめの思考を解き放つ
瞑想によって
それらを厳選し、つなげる作業

傍から見れば、
ただボーッとしているように見えるのかもしれないけど

頭の中は、絶えずいそがしい

歯車を、
最初に動かそうとするときは、非常に重たく感じるのだけれど

ぐるぐる、ぐるぐる

一度回りだしたら、止まらない

頭の中の小人たちが、総動員して、一個の作品を
創り上げていく

最近は、微妙なニュアンスにこだわりすぎて
抽象的になるから

つじつまを合わせるのが、困難である

あっという間に夜になり、

ジージー鳴り響く、重低音の虫の音と
リンリン、さやさやと
シンバルのように奏でる
軽やかな虫の音を

肩越しで感じながら

うっそうとした緑の森を通り過ぎて、
抜け殻になったように、とぼとぼと歩いているとき…

自分が何者であるかわからなくなる

もっと…新しい世界が見たい

そんな魂の声を感じたのなら、はみ出しても良い、ということ

マニュアルは捨ててもいい
明日、一時間早起きして、光を浴びに出掛けよう

☆ピンク☆
f0070628_02415940.jpg

PS

現象世界では、ふつうの女の子

好きな人のメールを読み返したり
何気ない仕草に

どきどきしたり、そわそわしたり…
そんな風に、
他愛もない一日は、あっという間に過ぎてゆく

つくづく
自由にならない心と体…

それまでの経験から推測して
ある出来事に反応するように操作する、

なんて機械じゃあるまいし

感情を揺さぶるのも、揺さぶられるのも
エネルギーを消費するけど

泣いたり、笑ったり…
振り回されたっていいじゃない

いっとき、思考の塊のような自分の殻を脱いで
素直に、ありのままでいよう

[PR]
by sakurano-pink | 2016-09-27 02:46 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink