<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真冬の使者のささやき

f0070628_18411161.jpg



厳格な冬という存在を目の前に

吐く息の白さも凍りそう…と嘆き、

自分が
得体のしれない何もかもに
呑み込まれそうなとき、うつむき加減に

長いこと、連れ添ったフードに身を埋め、

何も見たくない、知りたくない、
この緊張感に耐えるぐらいなら
消えてしまいたいほどの衝動に、

全身がガクガクと震えるけど

顔を上げ、
降り積もった厚い雪を

まず一歩踏みしめて、
前方にシャキーンとひろがる世界は

さん然たる白銀の景色

マイナス10度の中、感じる陽向では、

淡いブラウンシュガーに揺れる瞳に

ピュアに澄み切った空気が
目に見えるようで、

はじめてなのに、はじめてじゃない懐かしさは
一度、忘れてきた記憶のカケラが
虹のかがやきを秘めて、
手元に戻ってきたから

宇宙に
全幅の信頼を寄せることって結局、

起こることすべてに身をゆだねていくことと、理解していても

突如、柵が立ちはだかる
運命の審判が下るとき、何度直面しても慣れないものだから

季節が変わっても、長いこと、消えず
自分の内側に居座り続けた

真冬の使者のささやきに

フラットな気持ちで耳を傾けるのみ

☆ピンク☆
f0070628_18580948.jpg

PS

この崇高な雪山の頂を
目指そうとすればするほど

握りしめていた何かを手放さなくてはならない氣がして

最後に残る
人間らしい心だけはギュッと抱きしめて

それがすべてと悟る旅路

[PR]
by sakurano-pink | 2018-01-21 19:00 | ピンク絵日記

愛を告げる使者


f0070628_01475245.jpg

銀色にかがやく冬の木々を見上げ、

首元でそっと光る
十字架のネックレスに指の腹で触れれば、

またひとつ、神さまの声が聴こえたよ

宇宙のながれに乗る、って…
きほん、まじめに向かい愛うことなの

むつかしいことじゃなくて、ごくごく当たり前に
響いてくる気持ちに
うんうん、と耳を傾けるだけ

すぐに、叶えられないこともある

そんなとき、しょっぱい涙をこぼすけど

虹がわたしのなかを通過するみたいに

あこがれは、光の速さで
わたしの未来をひらく

だから、つねに

かわいい、きれい、すてき…に
感覚を研ぎ澄ませたい

ふんわりと大きめのセーターに首を埋めちゃって

ねむかったら、日向ぼっこして
だいすきなあなたに、もたれかかる

長いこと癒えなかった哀しみたちは
何もいじわるなんかしないよ

だいじに、腕の中で包み込めば、
優しさのエッセンスとなり

たいせつな人に捧げる
慈しみに満ちたほほえみになる

ちょっとしたかんちがいが
誰かと誰かを引きはがし、繋ぎとめることも
修復すらできないもどかしさだって、

壮大なゆめを語るエネルギーとなり、

ぐるぐると、体内を駆け巡るよ

☆ピンク☆
f0070628_01411864.jpg

PS

すこし成長して、
おとなのルールを知ったころ、

どのグループにも属せなくて

子どもの世界は、くるしいものだと思ってたの、

だけど

わたしが認識するまえの
もっと、もっと子どもだったころは

けがれを知らない瞳に
おひさまも、あめも、透き通るくうきも
ありのまま映していたんだ

いまは
この世にある愛にすべて気づいたなら
一身に受けてしまったら

しあわせでとろけてしまうんじゃないかと

頭がいかれちゃうんじゃないかと怯えて
知らずうち、感じることをセーブしてたね

だから、今度は自分に言うよ

だいじょうぶ
なにも、こわくない


[PR]
by sakurano-pink | 2018-01-21 01:57 | ピンク絵日記

明日も夢見るロンリネス

f0070628_23460010.jpg

フード付きのダッフルコートを脱ぎたくなるほどの
昼間のあったかさ…、

夕方が近づくにつれ、
すこしだけ、春の香りがして
鼻がくすぐったくって、

ああ、なつかしい

以前、夕焼けに染まる
渋谷の歩道橋にて感じた切なさ、

人混みのなかのちょっとした淋しさ

寒空で、失ったものの哀しみに浸ってるときは
ふだん、そばにある奇跡のきらめきに気づけなくて

安心できるなにかを、必死になって
かき集めようとする

孤独を孤独と感じないほどに、ひとりぼっちは
得意だと思っていたけど、

何だか、めずらしい…

彷徨い続けて気づいた

物理的な時間や
スペースの余裕もだいじだけど、

こころの世界が広いことは
もっともっと、たいせつ
色とりどりの感情を収められるから

感性が豊かであれば、

暗闇で吐く
白い息がほんわりとハート型に見えるのだもの

わかりやすい幸せだけじゃなく、
こういう気持ちも、ここにあっていいね

今はただ、愛しいあなたのそばに
寄り添っていたいよ

☆ピンク☆
f0070628_23502622.jpg
PS

ああ、こんなに揺らがされて、
追いつめられてじゃないと

自分の本心に気づけなくて

ほんと、土壇場で
冷や汗をかきながら、身をもって知る

だから、いまからちょっとした賭けに出る

自分を変えることより、

変えない勇気を持ったまま、
朝を迎える

[PR]
by sakurano-pink | 2018-01-09 23:53 | ピンク絵日記
f0070628_18144568.jpg
青空の下、
冷たい風を頬に受けつつ、

曲がりくねった歩道橋を越えて、

ぽくぽくと
幾億年前から続くたましいの旅は、
完結しない

それでも、
今のこの人生がすこし、特別なもののような
氣がして

ひゅるりひゅるりと、冬にさらされて、悟った

愛を伝え尽くして、きらわれるほうが良い

だって、本当に、あっという間よ

いっしゅんにしてステージが切り替わる
死という儀式を恐れているが、

生まれ変わってきた遍歴から言えば
きっと、何度も経験してるのだろう

ただしく自己を愛するとは、
取り巻くすべての存在を認め、
起こる出来事も、心によぎる想いも、すべて

在っていい、と抱きしめること

ときに、人生のリズムが狂うとき、
それらを疎ましく思ったとしても、

真実の未来につづいていく何かを神が
組み込んでいるのだ

公園の小高い丘に座って、季節を感じるために
やることは、いつのまにか山ほど増えていたけど、
ボーっとするために、ここに戻ってこよう

どんなに日常でやることがあったって

生きているかぎり、ハートはとくとくと動き、
意識をしなくても、呼吸はするのだ

思索に耽り、哲学すること

感じることは、感じる生のままで
たいせつにしていいのだから…

悩む人は、悩むのが好きだから、悩むと言うし、

無駄なものだと切り捨てられがちでも

積極的に
前のめりになって、悩みたい


☆ピンク☆
f0070628_18175942.jpg
PS

『これでいいんだ…』という確信が生まれたとき

ひとつひとつの自分の足取りを認められそうで
ちょっとした自信になった

遠い先の未来にロマンティックな想いを馳せていたかと思えば

お気に入りのミルクキャンディーを切らしてしまい
慌てる

まとめなくていい、まとめられなくていい…
記しておくよ

[PR]
by sakurano-pink | 2018-01-05 18:24 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink