<   2017年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0070628_23595943.jpg
顔を上げて…、

いっしゅんの
たとえようもない慈愛を内包したきらめきを
垣間見た氣がして
満員列車が停車したときの、
ドアから入り込んできた冬のすき間風が、
かえって心地よかった

たとえ、冬の季節が長くなろうとも、歩き続ける覚悟で

お気に入りのコートに身を隠していたけど
ちょっとだけ暑くなってきたから
思い切って脱いでみる

まじめに、実直に、
想いを辿り、綴ることが
目に見えない気持ちを
葬り去られてしまった記憶のカケラを、

再びよみがえらせる

たいせつに積み重ね、育んできた

壊れてしまったもの
壊してしまったもの
壊されてしまったもの

どれが、正しい…

簡単に元通りになればいいと願っていた
どう向かい愛ってよいのかわからない心模様に戸惑っている
気持ちを上向きにしようと
いろんな思考のカケラをかき集めつつも


すべて無駄ではないと言うのなら…

この物悲しさに取って代わるものを探す必要はない…
変に意味付けしたり、
打ち消すこともしない

もちろん、
うつむいているだけでは
ひとのせいにしているだけでは何にも変わらず


今の私にできること

小さくても、日々できること、やれることを
積み重ねていくことなのだろう

そして…春を見つけること
少女の私に戻ってゆく

忘れるまで、気にならなくなるまで
心がふんわり…明るく、軽くなるまで

今日はまだちゃんと笑えなくても
明日は、すこしだけ
楽になって笑えるだろう
大きく変われなくても
すべてを精算できなくても

少しずつ解放されてゆくのだから

☆ピンク☆
f0070628_13375335.jpg


PS

春が訪れようとしていた
涙ながらに駆け込んだバスの情景も懐かしい

来るべき
結末がわかっていても

その先を望んでしまう

甘いことをたくさん思い描きたいけど
きっと、願ってもよいことなのだろうけど

奇跡を起こしたくても起こせなかった

そのことに
いつまでも囚われるより、
魔法は起こせると

何度も信じる

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-30 00:04 | ピンク絵日記

白とピンクのリグレット

f0070628_18113042.jpg
白からピンクに移り変わる季節は

語りつくせぬ愛と、涙と、
リグレットが詰まっていて…

写真フォルダを見ると、涙腺が緩んで…決壊する

いまの私があなたの写真に話しかけているだなんて
昨年の今頃は、信じたくなかっただろう

もうちょっと…間に合えば
もうちょっとあのとき、いろんなことを知っていれば…
まだあなたと一緒に居られたかもしれないのに

苦しませることなんて、ぜったいしなかったのに

突如、ぶわっと溢れてくる記憶に
へなへなと座り込んでしまう
駆け抜ける感情も映像も、
早く過ぎ去ってほしい…と耳も目も塞いで

だけど
私の叶えられなかった喜びを
だれかに叶えてほしいとやっと思えるようになった…

それは
今となっては、あなたが自由なたましいの体を得たから…

もう大丈夫だね

ふとしたときに、意識に入り込んで
ほわーっと思いだす、愛する存在

ただその笑顔を望んでいた
幸せになってもらいたかった
楽でいてほしかった

未来なんていらなかった
ただ目の前のあなたの幸せのために
生きたかった

形ある幸せは儚いけれど、

それでも、目に見える確かなものを
ひとは望む

私の宝物である天使のあなたに逢いたい
もう一度抱きしめたい

また思いだす…顔を埋めた
その体の温もりを、ふわふわとした感触も
匂いも

会いたくて
会いたくて…涙があふれてくる

でもそばにいるんだって…
周りのひとは教えてくれているよ

今こうして、一番近くに
愛するあなたは寄り添っていてくれる

☆ピンク☆

f0070628_18153229.jpg
PS

リビングルームで、
うたた寝していた父親が、
ハッ…と目覚めたとき

『あの子は…いるね…』

と私に打ち明けたから

ほんとうのことなの

深い哀しみの沼から、
私が這い出てきたとき、

『待っていたよ』と駆けつけてくれた
愛くるしい微笑みに

キスをした

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-26 18:20 | ピンク絵日記
f0070628_22555032.jpg
恋はふたりだけの
ハートの箱庭に閉じ込められた、
ひとつのセカイ…

私たち以外は、入室禁止の
甘くて、オチのつかないトロトロの…

チョコレートがとろけそうな聖夜は
私を予約してね、とさり気に言われたら

こんなシチュエーション、どきどきする?

私はあなたに口説かれたり
壁際に、
追い詰められたり・・・

答えにくい質問をはぐらかしたり…

困ったふりして、内心喜んでいる
そういうのも、わるくないかもね

やっぱり、いじられるのが好きみたい

計算高い小悪魔にはなれないけど…、
暗記は得意だから…ある程度のノウハウはある

ただ…それを
丁度いいときに、取り出して使えないのが
玉にキズ…

恋したら、いいわけなんてしないで、
運命に服従する

そんなふうに

全部、無意識のせいにすればいい
そういうシナリオだった、ということにすればいい…

恋に落ちてしまったことでさえ

そんな投げやりさも、いい加減さも
大人の女には必要なの

もっと私を夢中にさせて、困らせて…
あなたのことで頭の中にいっぱいにさせて

会えない夜は、
ローズの香水、一滴だけつけて、
眠りに落ちたい…

☆ピンク☆
f0070628_23034157.jpg
PS

何度も、何度も、私から電話してしまって
ごめんね…

待ちきれない

やっぱり私は
後先考えずに
動いてしまう…

ダメな女と言われたって、
早く、あなただけのものになりたい…

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-23 23:05 | ピンク絵日記

Sなの…?

f0070628_00272952.jpg

足首ぐるぐるさせながら、
『やってしまった』というより
『こんがらがってしまった』というか

落ち着いてみれば、漫画のような展開に、
何で、どうして…と真剣になっていたものの、
今となっては、脱力して、笑えたりもして

それでも、さっきまでは…結構シリアスだったの

成長したなあ、と思っていたら
ちょっとしたことでは動じなくなったなあ、と思いきや…

えっ?また…?

些細なパソコンの操作だけれども

朝、起きたら、そうなっていたのだもの…
ただただ、ぽかーんとするような状況に出くわす

ああ…
どうしてそうなってしまったかは、わからないんだけど・・・

日常ってどうして
こうも思い通りにいかないものなの・・・

と焦ってしまう

そういうものなら、そういうものだと受け入れればいいのだけど
調べても、調べても…わからなくて泣きそう
まあ…でも…何とかなるでしょ、と
笑ってしまうのも、アリだね

ふぅ、とため息をついて、自分の気持ちを整える
うん、きっと大丈夫だ…こんな些細なことで、
一個一個、つまずいてはいられない

スタイルを合わせていくか、
元通りに修復させようと奮闘するか…
とにかく『えー…』となっていたものの、
まあ、なんとかなるでしょ…と気持ちを持ち直した

この調整が、今の私に必要な流れなのだとしたら
私は、ずいぶんと、生き急いでいた、という
神様からのメッセージかもしれないのだ

大丈夫、慣れる
まずは、深呼吸……


すべてのことに、意味はある、
明日はまた、風向きも運も変わる
たいせつなのは、楽しむ余裕を持つこと…

生きている間は、様々なことを味わいたいものね
ひやひやひや

☆ピンク☆

f0070628_00291984.jpg
PS

わからないこといっぱいで、困っちゃうな…
神様…

あなたは…それともSなの?

わからないことは、わからないままで、いいってことなの?

私、Мだけど…
乙女だから…

もうちょっとお手柔らかにお願いします…♡

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-23 00:31 | ピンク絵日記

忘れられない想いの勲章

f0070628_23281006.jpg
雑踏の人の温もりを感じながら、
この地球にいられることの喜びを噛みしめている

行き交う人々が
どんな話をしているのか…
カフェミュージックのように自然で
水のごとく…
耳元でさらさらと、流れていくよ

緑の惑星に降り立つ前、
あふれるほどのみずみずしい感情をまだ知らなくて

何かを獲得するため、経験するため
味わいつくすため、やってきたなら

あのとき
呑み込んだものは、苦くて甘い果実の塊…

私は他人からどう思われているって……?

適当に、気楽に、楽しげに、キラキラと
『いいな』と思われるような
自分をプロデュースして、魅せようとしたって

内実はいろんなことを抱えているものだ

涙は、知らないうちにまた頬を伝うし、
自分の中の常識は、日によってひっくり返り、
グダグダとした思いに、幾たびも翻弄される

それでも

叶えられなかった夢たちは、
私の知らないところで、世界に羽ばたいて
花を咲かせる準備を始めているのだ

抱きしめているよ、あなたが存在していた愛の軌跡

すべてのことは、みんな喜び

過去の傷をなかったことにできないのなら
強烈なトラウマが消えないのなら
罪の意識がこびりついて離れないのなら

逃げても、取り繕っても、もうどうしようもない痛みならば

それを強みに、輝かしい勲章にして
生きていくということ

忘れられるものは、忘れようとしなくても
心と体から抜けきってゆく

それまで…待とう

みんながんばって生きているね
それぞれが精一杯だ
聖人君子のように振る舞えない状況に出くわしたとして
それも、しかたのないこと

がんばっていないひとなんて、本当の意味で
ひとりもいない

今まで出逢ってくれて、
ともに時間を過ごしてくれて…感情を揺り動かしてくれて

心のひだに触れてくれて…

☆ピンク☆
f0070628_23253943.jpg

PS


いままでありがとう、と…
感謝の気持ちを紡ごうとしたけど

くじけず、生き続けてゆけば、
これから先、また会えると信じられるもの

だから、
これからもよろしくね

もっともっと…
あの大空みたいに
思考をグローバルにして

考え方の枠を広げて、

エンジンフル全開にして

おおきな愛のカーブを描くのだ

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-21 21:07 | ピンク絵日記

恋して愛されたい



f0070628_23265644.jpg



真冬の恋物語を編みながら、
あなたの温もりも一緒に織り込んで…

ほーっとため息をつく…

ふたつのクリスタル…

共鳴し合ってるから、恋に落ちるのであって
相手からシグナルがなければ
一方的に想い続けるなんて…
そんなこと、今の私にできない

互いに相手を強く、必要としていて
ふとしたときに思い出してしまって
恋をしていると気づくし、
あなたの気持ちも伝わってくる

恋心はどうしようもなく、抑えきれないもの…

心も体も重ねたいと

こんな風に、私を求めてくれるなら
今すぐ飛んでいきたいと願うの…

夜空をひとりで歩くのは、何となく寂しくて
やっぱり隣にいてほしいと思うんだ

独りでも大丈夫、なんて強がってみても
あなたがいないと寂しくて、辛くて
泣きたくなる

でも、またすぐに会えるってわかっているから
何とか、抑えきれるけどね

何かの拍子にやっぱり会えなくなってしまったら…と
想像するだけで
そんなはずないよと笑われるかもしれないけど…
急に心細くなってしまう

保証もない、信じるだけ…

大好きだよってその言葉だけ温め、守っていくことが
できるなら

出逢いの瞬間、
何も言わなくても
その真心をいちばん良い状態で届けられる

少女のようにただストレートに向かっていくことが
できなくても、
積み重ねてきたからこそできる方法で

繊細に育ってしまった大人として、振る舞えるやり方で

もう一度…何度でも
あなたに恋をする


☆ピンク☆

f0070628_23310614.jpg


PS

まつ毛をうまくカールさせたいな…
瞬きだけで、虜にさせられたら、素敵ね

今すぐ綺麗になりたいと焦るけど
ひとつひとつ、
新たな美の可能性に気づいていけばいい

できないこともあるけど

できることから…

愛する人には
ずっと私だけを見ててほしいという
欲張りな女心がムクムクと

春に向かって、湧き上がる…

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-20 23:36 | ピンク絵日記

ごまかしが利かない

f0070628_20311377.jpg

戦士としての私
ふつうの女の子としての私

何者でもない私…

いろんな私が奔走する中、

一日を過ごす中、こころは何となくグラついて
無意識に始まってしまう
『ああでもない、こうでもない…』

しかし、以前ほどの痛みは伴わず、
気持ちを
客観的に見ている自分がいる

分析してても面白くもなんともないのだろうから
いっそのこと、
感情を伴って、このストーリーに耽溺したほうが
良いのかもしれないけど

何かもう…どうってことない、
終わったことだからと

どこか冷めてて、可愛くない私だこと

それでも、ふとしたときに
飛び出してきてしまう、
地上で生きるありのままの女の子としての私が

涙を流して
何かにすがってる

心を激しく揺り動かされている…

鏡の前の私は、明らかに今までと違う何かを
知ってしまったような

夜空を見上げ、星が瞬いているさまを見れば…
なんてありふれた人間心理だろう、という声が響いてくる

お月様、そうだよね…

そんな大したことないと思うし
フッと笑える余裕すらある

ああ

焦点を合わせようとしなくても、繰り返し考えてしまうけど
時とともに過ぎ去っていくのかな

たいせつな何かに触れていることは確かだ

だから、何も絶望することなんかなくて
この経験を回収するため、ここに身を置いているのだと

次チャンスが与えられるのならば
自分を建て直しておかなくては


☆ピンク☆
f0070628_20165374.jpg



PS

ふつうに嬉しいことも楽しいことも幸せなことも感じられるし
いま、この
ハートを流れる温かさをそのまま味わえばいいのだけど

この魚の小骨が引っかかったような、
吐き出せない気持ちは何なのかな…

まだ決着もついておらず

完結していない

他の人にどうであれとは要求しないけど
自分に対しては、ごまかしが利かない

さあ…、
準備を始めるんだ

まだこれから変えられる未来へ

両目をしっかり開いて

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-17 20:39 | ピンク絵日記

ハートのカラーリング

f0070628_23574200.jpg
春風になびく長い髪を
熱い瞳で撫でられたい…と

私は、ほかのひとから
どのように映るのか、

近頃、気になりだしたの

すこしでも、女性らしく
可憐に、素敵に映りたい…なんて

黒髪は、美学だから、
というより、デリケートな体質ゆえに

明るく染めようなんて
簡単に思わないけどね

だから、心だけでもカラーリングして…

せつない恋の病が私を襲うみたいに、
この胸をうずまく
痛みを我慢しなさいと言うならば、

私は、次の瞬間、うまく笑えないだろう

うまく笑えたとしたら、

凍り付いた笑顔の仮面

だけど…そんな風に言い訳ばかりしていても
くすむだけだから

表情から一新させたい

つらくても、さっきまで泣いていたとしても、
勇気を出して、お日様に向かって
ニコっと笑いかけるんだ

急に大きなことはできないから
ちょっとずつで大丈夫…

心のまま生きる、って思ったよりもむつかしいよ
後先を考えず、
ハートの衝動に赴くままなんて…

ひとつ、何かを飛び越えてしまって
まだ胸がざわざわしているもの

跳び箱を飛ぼうとしても…
勢いも瞬発力も足りなくて

ガラガラ音を立てて
壊してしまっていたような自分…

転んでしまった恥ずかしさは引きずってしまうけど

停滞しても、
よろけながらでも、

その先を突き進めるなら

私の勝ちだ

狙いを定めて、集中して挑んでいくよ

青空をながれる清廉な空気を、
大きく、一気に、吸い込んで

走りだすんだ

あたらしい春に向かって


☆ピンク☆
f0070628_23594462.jpg
PS

吐き出せない想いがあるなら
着地点を見いだせないもどかしさを抱えてるなら

もうすべてをパワーに変えるよ

顔を上げた瞬間のきらめく眼差しや
仕草に磨きをかけて

愛しいあのひとの目に留まるように

もっと、綺麗になりたい

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-16 00:00 | ピンク絵日記
f0070628_00483484.jpg

ハートがうきうき高鳴って、
早くもパステルトーンに衣替え…
新しい季節の匂いに、くしゃみしているの

悠久のさくら色の時がながれはじめ、

その間、私は、なにもしなくて良い…って神様の声がした

物事も、運命も、意図的には変えられない

ここまできたら
大いなる流れの奔流に従うしかないとのことで

花が芽吹くまで、じっと待つんだ
掘り返してはいけない

愛するあなたへ

言葉にならない想いを伝えることが
いちばんむつかしい
あえて、言葉にすることもないし
ややこしくなるだけだから

なんにも言わなくていいような氣がする

おはようとおやすみだけ交わせれば
そのほかに何にも望まない

笑い合ったり、
そばにいてくれるだけで、奇跡だよ

そばにいないとしても
生きててくれたら、それで良いよ

愛情表現で
いろいろおねだりしたり、
ワガママも言うけど
こころの底では、
ほんとうに…あまり望むこともないんだ

そう強がったって

『そんなことないでしょ』って訊いてくれたら
私、
もっとあなたのこと

求めてしまうだろうけどね


☆ピンク☆

f0070628_19575687.jpg
PS

どんな絶望を経験したって、

春の予感に
ときめく心は抑えられない…

暗い土の下に押し込められているときだって
いつか
この瞬間が来ることを知っていた


再生と、創造の光を
ぐんぐん吸い込めば

薄桃色の気持ちがよみがえる

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-14 20:09 | ピンク絵日記

ふつうの女の子に戻ろう

f0070628_21115796.jpg


鮮やかな青空も目に入らず、

食いしん坊の私の食欲も吹っ飛んでしまうほど
悩みぬいて、悩みぬいて…

一筋のひかりを見出した

疲れ切って、ぐっすり眠ったからって…
忘れられるような
出来事じゃなかったけど

ひとつ何かが動き出した氣がする

流れのまま受け入れて

信じる、という結論…

まだお腹が空かないほど、心臓が激しく揺れ動いていて
私の大事な人が
優しくなだめてくれた

寄り添ってくれる愛、受け入れてくれる愛のありがたみ

ぐったり力が抜けて、
頭がふわふわしている…

もういいや…
アイドルもなれなかったけど、戦士にもなれない
善人にもなれなければ、ワルにもなれず

何なんだ私は
ふつうの女の子に戻ろう

だって苦しかったんだもの、泣きたかったんだもの…
傷ついていたんだ

無理しなくていいよ

立派になれなくてごめんね…


☆ピンク☆

f0070628_21122647.jpg
PS

自分の中のいろんな常識を書き換えようと必死だった

感じ方の違いを受け入れようと
瞬間瞬間、言い聞かせていた

物事をむつかしくしていたつもりもない

それでも
単純に単純にまとめようとして
取り返しのつかないことになったら、怖かったから

勇気を出して
向こう岸に渡ろうとして、くじけてしまったけど

私もがんばっていたんだよね

ならもうそれでいい…

今は、何も考えられない…

[PR]
by sakurano-pink | 2017-01-13 21:15 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink