<   2016年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

桜色のキス

f0070628_2359517.jpg

f0070628_23595170.jpg

淡いピンクの空間にながれる、
ぽかぽかとした陽気に
心がふんわりと華やぐ…
うまく言葉にできないもどかしさを汲み取ってくれた、
柔らかいまなざし

他でもないあなたのために、綴っているよ

素直じゃない私は
ギュッと
ごめんね、とか、ありがとう、とか
大好きだよ、という気持ちを
手のひらに込めている

まぶしい恋心を直視できなくて、瞳をそらしてばかり…
ちゃんとした大人になりたいのに、
中身はうんと幼くて、
いろいろとちぐはぐだけど

成長する楽しみがあるから、焦らないことにしたよ
でもそんな私のワガママを受け止めてるのは、
いつもあなただよね

優しく見守っててくれてありがとう…

☆ピンク☆

PS

電車を何本も見送って
ぎりぎりまで

お守りをしてくれて

キスも惜しみなくしてくれたから

頬はうきうき
桜色に染まったよ
[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-31 23:59 | ピンク絵日記

優しい目まい

f0070628_02433041.jpg

思わぬピンチに遭遇したけど
あなたの大らかな心と愛情に救われた

しっかりしなきゃなと思ったけど
困ったことがあったら何でも相談して、と笑い飛ばしてくれたから
ホッとして泣きたくなった…

何かあれば、わーっと混乱して
頭が真っ白になってしまう私だけど

いつもいつでも、あなたが寄り添っていてくれて
フォローしてくれていたから
今日までやってこられたんだなあ…としみじみ思って


足りないところもある自分で良かった
安心させてくれる場所があるって、なんて幸せなのだろう

これからもよろしくね、
ずっとずーっとそばにいて…私を助けてねと…

あなたにだけ、甘えん坊な気質は
何年経っても変わらない


変わらないで居させてくれるのは

それだけ懐の大きい愛に
守られているからなんだね

☆ピンク☆
f0070628_02333073.jpg

PS

春の訪れは
いつもながら、クラクラと

キラキラした妖精の降らせる、
魔法の粉がかかって
やや目まいがする

そういう感じも心地よくて…

[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-30 02:46 | ピンク絵日記

神様のかけた魔法

f0070628_00554102.jpg
雨粒滴る、
しだれ桜の紫色の影に佇んで、振り向きざま、
遠くにいるあなたと目が合った

磁石が引き合うように、
互いに釘付けになる

そう、
あなたの記憶に私がいなくても…、

私は変わらず愛し続けると誓ったあの日へ…
戻るたび、思い知らされる揺れない気持ち

久しぶりに愛しいその顔を見たとき、

いろんな映像が流れてきて、止まらない…

はじめてなのに、はじめてじゃない確信と
やっと出逢えた喜びと

今度こそ、約束を果たしたい…という願い

いろんなものが合わさって、目の前のあなたも

一瞬にして、恋に落ちたのだとしたら
それは、
神様のかけた魔法

あなたは、ツンデレで

素直な心をさらけ出すぐらいなら
死んだ方がまし…
そんな自分のポリシーを突き破るほど、

心にくすぶるその想いを
今すぐ、私に伝えたくて

走り寄ってくれたから…


☆ピンク☆
f0070628_00560248.jpg
PS

か弱い
ひとひらの花びらが、
地上に舞い降りて

生きるということは
ひとつの賭けだった

花咲くころ、
あなたの優しい掌に、迷わず降り立つよ

だから、待っていて…



[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-29 00:57 | ピンク絵日記

桜の日付

f0070628_04404118.jpg
桜咲き始めるころに
あなたにもう一度、恋をする

五分咲きの帰り道、

花冷えの寒気に襲われ、
日常がぐらっと揺らぎ
軽い目まいに立ちすくむ…

そう、

枝分かれした道が、いま重なるとき…

無意識に
『逢いたい』と願ってしまったから

あなたの大きな肩は温かくて
今でも覚えているよ

甘酸っぱくて、キュンと締めつけられる、
ほろ苦い優しさに触れたら、
ただその腕のなかに抱きすくめられたい

ひとつの冷たい決断は、
愛してるがゆえの、決死の覚悟があったこと

泣きたくても、涙一粒、見せずに立ち去った

やっと帰ってきた

とわに消えない、後悔と哀しみで
荒廃した心の地に、

春の息吹を感じる瞬間…



☆ピンク☆
f0070628_04405999.jpg

PS


夕闇に沈み、

再び、浮かび上がってくる想いは、
凝り固まった私の心を溶かしてゆく

もう迷わない

いつかが『今』に変わるとき
花びらに記した日付の約束、

今度こそ、この手で
叶えるために



[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-27 04:55 | ピンク絵日記

100%プリンセス♡

f0070628_01261516.jpg


月光に照らされ、浮かび上がる、白いつぼみ…

『花冷え』という言葉の意味を知り、
いろんなことを考えた

つめたい夜風を受けて、
桜は、一生懸命咲こうとしていること

それまで

花は、何の苦もなく、当たり前に咲くものだという認識があったけれど、
いろいろと思い違いをしていたようだ

かならず
帰ってくると約束し、

天上に吸い込まれていったひとひらの命の存在を
地上の待ち人は、ずいぶんと長い間…、忘れかけていた

ふとしたときに
街角ですれ違った

想いの欠片に氣づいて

早鐘を打ち始める心は、

急速に惹かれはじめているサイン…

突然、やってきたかのように思えるけど

ずっと準備してきたんだ
この運命の日のために


☆ピンク☆
f0070628_01271800.jpg

PS


記憶を手繰り寄せ、

いま、自分の手のひらに呼び戻そうとしている最中…

愛しいあなたを…
[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-26 00:00 | ピンク絵日記

桜の涙に染まる頬

f0070628_02424055.jpg
花冷えの三月、背筋をなぞる、
ひんやりとした風の微笑は、

儚げで、美しい


ため息しか出てこないのは、
可憐な花びらの恋の物語に
胸がしめつけられたから

さくら色の涙、ひとつひとつ、流すたび、

空に舞い上がり、消えゆく感情とともに
大人に近づいて

哀しい記憶は、いつしか

ちょっぴり塩辛いけど、懐かしい思い出になる

それでも、抜け殻のように
壊れた夢を引きずって

とぼとぼと歩く道すがら、
そんな
自分が愛しく感じられるような言葉は、

むつかしくこねくり回したものではなく、
まっすぐと心に届く、もっと何気ないひとこと

未熟だった
あのころの想いが遠のいて

ある程度、成長したら、
もう何も変わらない、なんて思い込まないで

明日の自分に希望を込めて
おまじないの行動を取ってみる

靴のステップを鳴らして、踊るように
家に帰ろう

愛しい存在が、鈴を鳴らして待っている…


☆ピンク☆
f0070628_02432157.jpg

PS

街路樹の空気を吸い込み、

傷つくのを恐れて、
素直な気持ちに蓋(ふた)をするより…

春色に色づいていく景色と
近づいてくる過去の自分を重ね、

頬を紅潮させながら
思い切って、打ち明けてみる

枝に刺さって、
忘れられないぐらい、今も…

[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-24 02:49 | ピンク絵日記

春の女神へ

f0070628_00064532.jpg

春の女神が降りてくる…

目もくらむような、まばゆい輝きではなく、

ふんわりと
あふれ出る優しさを眼差しに秘め、

本人も気づかないほど

自然に備わった、しなやかな生き方で
まわりを幸せにしている

そんな風に、私も
あの人を勇気づけられたら、素敵…


すれ違った道端の花の愛らしさに
癒されるように

日々かけられる
言葉の贈り物に支えられて

気持ちが楽になったから…

与えられた心と体で、
私にしかできないことを、
ひたすらやり続ければいい

傍目から見てズレていようと…

大丈夫

うじうじしていたハートを
引っ張り出してくれるようなメッセージを
今日もらった

うつむいて、はにかむことしかできなかったけど

ありがとう


☆ピンク☆

f0070628_00070463.jpg
PS

愛も、ゆめも、
この世界を循環している

泣きそうなほど、あったかく
見つめられたら、

私も同じように、そのエネルギーを
伝えていきたいと

口に出さないけど願った…


[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-22 23:59 | ピンク絵日記

桜dream

f0070628_04394361.jpg
桜dream…

透き通る白に近い、うす紅の
舞い上がる桜の花びらの渦に吸い込まれ、

タイムスリップして、
十年前の自分に会ってきた

ちょっぴり強気で粗削りな

夢を見つめる真摯な気持ち、
きっと今の私とリンクしていたから…

ひとひら、ひとひら、あの大空に
想いを浮かばせ、
互いの近況を語り合う

あなたもそうなの?

最近、いくらあっても
時間が足りなくて、

一日の内にすべてをやり遂げられないと悔しいと思うのは
誰かと比べているわけではなくて

ただただ、己の
キャパの足りなさを痛感しているだけ…

もっと速く動けたらとか、集中できたらいいのにとか
自分に色々と要求してしまうのは
いいことなのか、よくないことなのか…

何事も、バランスなのはわかっている

わかっているんだけどね、
やりすぎないと、ちょうどいい感じが掴めない…

爆発しそうな恋心を必死に抑え込んでいるような
切なさとともに

何かに駆り立てられるように、生きる


☆ピンク☆

f0070628_01125368.jpg

PS

壊れてしまった希望を抱きしめ、
もう哀しむ必要はない

あなたのほんとうの笑顔が
見たいから…

こころの破片、

ひとつひとつ取り戻すため

深く考えず、奔走するだけ…

[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-21 04:40 | ピンク絵日記

ハートシンパシー第二章



f0070628_01185410.jpg

細く、たなびく雲が
真っ青な空をスイスイと泳いでいく…

期待と恐れが、
半分ずつ、入りまじる心を連れて…

春のけやき坂、一段ずつ、ステップを上がっていけば
薄桃色の光が、辺りを照らし始める

色鮮やかな景色が、視界に飛び込んでくるとき、
それは新しい体験なのに
どこか、懐かしくて、

さめざめと、泣いてしまう

いくら悩み抜いても、じたばた、あがいても
見えなかったことが

絶妙なタイミングで、
あっけないぐらい簡単に
わかる瞬間がある

季節が変わり、
新しい服に着替えるみたいに…
ワクワクしつつも

受け入れるのが恐いけど…

それまで、あまり響いてこなかったフレーズが
新たにに
…いや、もしかしたら久しぶりに
受け取れるような氣がして

ハートの耳をぴょこんと上げている

明日も、私、生きている
次の日も…

そんな当たり前の事実が
事実でなくなる瞬間は

いずれ訪れる…それでも、

心と体を通過する、
目の前の時間、ひとつひとつに

エネルギーを込めるという生き方が向いているから

未来はわからなくていいし、決まっていなくていい


☆ピンク☆

f0070628_01151057.jpg
PS

流星が降り注ぐ
オーロラが見られるこの場所で

今日もあなたは待っていてくれたね

ハートシンパシー…

離れていても、何をしていても、

気持ちと気持ちは、時を超え、天を貫き、
繋がっている

あの日の約束とともに

[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-20 01:25 | ピンク絵日記

シンデレラシューズ♡

f0070628_03080315.jpg
初恋の季節が、そろそろ…
白いつぼみたちが輝く
枝のすき間から差し込む、
お月様の光に愛されて、てくてく歩く道すがら、
甘酸っぱい春に誘われる…

暗闇で
虫がチクッと刺したのか、手の甲が、ちょっとかゆい…
生きてる証拠

抱え切れないほどの雑念を抱え…、

早く早くと
焦ったとしても、
目の前の時間に多くのことを
押し込められないから…

ただひたすら、次の瞬間のことだけ考えつづける…

遥か先まで見通して、
適切な行動を、計画できたら良いと思ったけど

歩きながらでしかわからないことに氣づいた

ならば、そのやり方でいい…

耳を静かに澄ましてみれば、
星の妖精たちが教えてくれる

何も

急がず、焦らず、自分のペースで

信じて

遅くてもいいから、
一歩一歩進むこと…



☆ピンク☆

f0070628_03095336.jpg
PS

薄暗い夜明け前、

夢は
芳醇な花の香りを封じ込め

冷たい空気の中、

朝焼けを待ちわびる

小鳥のさえずりが、
恋人のキスのように、

耳たぶに触れれば…



[PR]
by sakurano-pink | 2016-03-18 03:13 | ピンクアイテム

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink