<   2015年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0070628_02575838.jpg
突き抜ける青空がまぶしく、パキンと凍えるような朝…

お出かけしたい心とは裏腹に、
甘い香りの睡魔が全身を襲う

どうやら

冬のトラップに引っ掛かってしまったみたい…、
喉はイガイガ、鼻はムズムズ…

どこかで噂されてるの…?
クシュン、クシュンと
くしゃみが止まらない

頭には、
お茶会のおしゃべり…、
キャッキャッと歓声を上げながら
フワフワと妖精たちが回り続けている

こうなると
いつもより数倍スローペースな私…
このテンポはわりと心地よいかもしれない

ずっと読みたくて
読めなかった物語を読み始めたら…
独特の世界観に引き込まれて、
止まらなくなった

神様が

私に伝えたくて、伝えられなかったメッセージを
ギュッと濃縮して、

今、このとき届けてくれたのだと…

ぼんやり、物思いに耽って…

☆ピンク☆


PS

読んだ直後は、
ぼーっとして
何も考えられなくなるけど

あとから、あとから

とめどなく、
あふれ出る涙の不思議…

いつか、そんな奇跡を
あなたへ…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-30 01:03 | ピンク絵日記

心のベールをはいで…

f0070628_04114696.jpg


透き通った月光が降り注ぐ中、
きらめく星々とともに…、
夜空にならぶ夢たちよ、

吐く息も白く…、綿あめのように膨らむ憧れ

かな文字で綴るみたいに
来年は、
フワッと…ほど良く力の抜けた、
そんな女性になれたらいいな…

ふわふわ、ゆるゆる…は女の子の特権だけど
気がつくと、余裕をなくして…がんばってがんばってがんばってしまう

不器用なのかな、
それとも…
魂の衝動に従って生きているから?

人と自分を比べるひまがあったら、
私は私と割り切って、ひたすら文字を打ち続けた日々…
思い起こせば
ヨレヨレで、かっこわるい日もあったと思うけど
『これでいいのだ』と、開き直れる強さも生まれた

今日は
大切なあなたに…ひみつの童話を打ち明けた

涙ぐんでしまうのは
小さい頃の自分に出逢えた氣がしたから…

もっともっと…
内側に回帰しよう

私らしく、誇りを持って
『明日を、生きたい』と強く願った
誰かのために…

☆ピンク☆


PS

繊細な気持ちを書き表すための
骨太な精神(こころ)を宿そう

ベールをはいで…


[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-29 01:01 | ピンク絵日記

女神のボイスレコーダー

f0070628_03295157.jpg


いろいろあった1日の終わりは
とろとろ…
どうしようもない眠気に引きずり込まれ、

刹那的な感情に身を任せ
もう、どうなってもいいと

涙も乾いて、真っ暗な世界へ
おちてゆく、

奈落の底だと思っていた場所は、
意外にも、やわらかな干し草の匂い

きらきらと

女神が川のほとりで、ハープを奏でている

愛するひとを想って
静寂のメロディを一音、一音…

金色の光を受けて輝く、長い髪と、澄んだ歌声が
そらに溶け込み…
たとえようもなく、美しい

忘れたくない
物語の続きを見るために…せめて欠片でも
残っていて

ふわふわと、包んでくれる
あなたの声は、ゆりかごのように温かいの…

ふと振り向いた、その横顔に
懐かしい面影を感じて…

☆ピンク☆

f0070628_03302595.jpg
PS

泣きながら、目覚めた私の耳の奥には

あなたが誰かに伝えたくて、伝えられなかった
メッセージが

おぼろげに残っていた

これから、その人を探す旅に出る…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-28 01:18 | ピンク絵日記

左肩のMemories

f0070628_04532238.jpg
展望台に映る、イルミネーション…

流れ星が砕けて、キラキラの粉になり、
のんびり空気に溶けてゆく…
そういう感じで、今…

いっしょにいたときのまま、私の時間は静止している

新しい出来事はまだ、重ねないで…

さんざん、ワガママを言った後に、

あなたの腕にすっぽりくるまれて、
クリスマスに見た夜景は

私のために、
大切に暖めてくれたプレゼントと知って、泣けてくる

神様のように大きな心で、
ぜんぶ笑って受け止めてくれるから

王子様に庇護されるバラのように

いつでも降り注ぐ…、
優しさに甘えてはいけないと思いつつも、

やっぱりこの日も…存分に泣いて笑って…
あなたを振り回してしまい、

あとから、申し訳なく思う私に対して、

『喜ぶ顔を見るのが、生きがいだよ』
…とメールを返してくれた

何をもって、人は幸せを感じるのだろう
『思い返してみれば、あれは…』
と後になって氣づくことも、山ほどある

帰りの電車、
左肩にもたれかかってウトウト眠っているとき…
あふれるほどの愛に包まれて

ひとつひとつ、想い出を辿れば

もう何もいらないほど
満たされていて…


☆ピンク☆
f0070628_04553018.jpg

PS

突然耳に入ってきた、英語のメロディーソング

歌詞の意味が、わからなくても、
じわじわと、

国境を越えて
響いてくる言葉の数々は

涙となり…

魂の奥の奥まで…


[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-27 01:51 | ピンク絵日記

メリーサンセット♪

f0070628_05035960.jpg


人生のエレベーターの階を
一つ一つ…飛び越えて、

最上階で、サンセットを迎えるまで…
一秒だって流れる時間を無駄にしない

たとえ、そう思っても

吸い込まれるような美しい景色に、言葉を失い、

ぽろぽろ涙がこぼれて
何もできないような、

恋をすれば、

それまで信じていた価値観が
ガタガタガタ…と、崩れてゆく

そういう感じで
ひとたび空白の時を持て余すとき
その後ろ姿は、魂が抜けてしまったかのようだけど…
実は
神様に愛いに、出かけてるのだ

命とは不思議な秘密

いつか終わりが来る…と極限まで考えてみたら、
失うものなど何もないけど

もぎ取られると、
自分のアイデンティティーが崩壊してしまうほど…

譲れないものがある

そして
他人から見れば、笑ってしまうくらい、

小さな悩みを抱えて
うずくまってしまう危うさがある

それでも、深い深い、愛情を宿していて


目に見えないけど、大切な何かを抱えているようだ

夕陽に向かって、影が伸び、消えゆくまで…

流転していく、そのさまを
ずっと見つめていよう


☆ピンク☆
f0070628_05125301.jpg
PS

街角のシャンパンの匂いをまとって、
メリークリスマス!

夢見るキスを交わして
ふたり、

イルミネーションの輝きに溶けて…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-26 02:52 | ピンク絵日記

リトル・ラブ

f0070628_03155920.jpg



最上階のビルで見た景色…
バオバブの根に張られ…
記憶が粉々になろうとも、
星の命は、
色あせることなく、巡り続けていた

人が行き交う、スクランブル交差点…、
せわしなく走り続ける車の中から、
ブルンブルンと
羽根を広げ、プロペラを回し…

勢い良く飛び立つ
一つの航空機


確かめたい宇宙の愛がある

かつて…小惑星で
出逢った恋人たち

お互いたいせつな存在になるのに
一秒もいらなかった

背を向け合うことがあっても

またいつか理解し合えると信じて…

そう
彼は嘆く

あなたを想い、
費やした時間はどこに消えた

何に埋もれて、見えなくしているのだろう

堂々と胸を張って、

心の目で見るのだと
かつての親友が教えてくれたけど

それを理解するには…、長い時間をかけて作られた、
厚い年月の壁を越えなくては…

燃えるような朝焼けを目指して、

自分との闘いは、今、始まったばかり


☆ピンク☆

f0070628_03134840.jpg

PS

誰のハートにも
リトル・プリンスが住み着いていて
ため息がこぼれるような、
美しいバラを育てている…

子どものまま、成長を止めるわけではなく

守りたいもののため

強く、健やかな
大人になろうと決心した…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-25 03:10 | ピンク絵日記
f0070628_02041194.jpg
なみだ雨が、降るほど、
明日は、笑顔の晴れ渡る空になりそう…

そう信じて、クリスマスイブを過ごす

叶う、叶わないは置いといて
願い事は吹きあふれるように、
お風呂の湯気とともに、ぷくぷく浮かんでくるから…

サンタクロースさん、今からでも間に合うかな…?

時が過ぎれば、自然に消えゆく夢もある…

いつまで経っても…
ハートにぴっとり離れない想いも、

忘れかけていたけど、天使の羽根みたいに
再び降りてくる気持ちも
ひっくるめて、みんな抱きしめれば…
心を輝かせる宝物になる

本当は大好きなのに

まっすぐ向かっていけない、意地っ張りな私は

『それでもいいよ』
と言い聞かせて、

やっと巡り愛えた運命の道を
うねりながら…、

一歩…踏み出そうとしていた


☆ピンク☆
f0070628_02051683.jpg

PS

歌うことそのものを、愛しているひとは、
瞳を潤ませ、
魂から、声を響かせて…ああ、
幸せを感じながら、

その場の空気を染め上げる

そんな風に私も

詩を吟ずることができれば…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-24 01:03 | ピンク絵日記
f0070628_04100552.jpg
夜がいちばん長い冬至の日、

砂糖の代わりに、ハチミツで
グツグツとカボチャを煮つつ、

途切れ途切れの、まとまらない想いを抱えて
悶々としていたら

いつもより早く藍色に沈む外の様子に気づき、

うっかりカーテンを閉め忘れたと、
焦って、窓に駆け寄れば…

雲隠れの月は、神秘的な雰囲気をたたえながら
ひっそりと、笑っていた…


涙みたいに、ぽろぽろと降ってきた
星たちのウエーブも、
去りゆく途中…

宴が終わり、かぐや姫は帰っていった晩も、
こんな感じだったのかな

深呼吸して、
ぽっと、思い描い浮かべた夢…
追いかけても、まだまだ捕まらないね

想いが届くのは何億年先…と、言われたら
もちろん気が遠くなるけど

叶うのはゆっくりでいい…とも、思ってしまう

この地球の…北半球の海に、
ぽつんと浮かぶ島国の一角で…

ゆめごこちをループしながら生きる日々を
一秒一秒…愛したいから


☆ピンク☆

f0070628_04120718.jpg
PS


あなたの思いやりはとても、さりげなく、
シルクの温もりのように、エレガンス、

じわじわと胸の奥まで沁み渡る…

指先凍る、寒さのなかで

巡り会えた月光の友よ、

石ころの輝きを見つめながら
これからも、道をともに…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-23 01:09 | ピンク絵日記

ひかり流れる

f0070628_03410445.jpg

雷鳴がとどろく…

時代を乗せた船は、
どこを目指しているの…
破壊か、創造か…

肌で感じていた、

息苦しいヒエラルキーから逃げ出して


航海を繰り出し、ひとときの休息

薄暗く、明けてゆく空…、
羽を輝かせて進む鳥の、
美しいさえずりと共に目覚めれば…

一日、一日が、神様からの大切な贈り物と氣づく

クルーの楽しげな口笛をBGMに
ワクワクしながら、今日を進もうと思う

数多の周りの目を気にして
自分の心内に眠る、爆発的なパワーを閉じてはならない

もっと健やかに、おおらかに伸び伸びと…
感性をオープンにして

そしたら、こころの目が開き、幸せの波に乗れる

本当は
私らしさも、なりたい方向性もわからないままだけど

笑顔が、世界共通のパスポート
と、誰かが教えてくれたから…

朝一番に、あいさつをしてくれた、あなたのために

おはよう…!と、

日だまりの微笑みを返した

☆ピンク☆
f0070628_03402169.jpg

PS

何か吹っ切れたとき
今まで見えていなかったものが

ひかり流れるように視界に入ってくる

守りに入るより、挑んでいくことが

今の自分に求められているのだと

ターニングポイントの旗が教えてくれた…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-22 01:32 | ピンク絵日記

幸福のレクイエム

f0070628_03233755.jpg
もう、ごまかせない

私の内側には、神様に通ずる社があって

心の鐘が

『目を覚ませ』と言うように
ドーンと打ち鳴らすんだ

風よ、緑の木々よ、

可愛らしく、優しく、清らかに、慎ましやかに…

魂の幼いころは、もてはやされたくて

ぐちゃぐちゃしたものをさらけ出すことを
過度に恐れていた


笑顔で人生を演じ切ることが、与えられた役目だと思っていたから

だけど

幸せは、
自分が納得していないと得られないもの


今、探求している…
線を幾重に重ねても、

どうしても表わしたい、情景が、イメージが
頭で描いているリアルに、近づかない

身も心も費やして、
何かに捧げることは、バランスを崩してしまう
…それでも
汗をかきたくなるのは何故だろう

どこで感情を出そうか、
理性を保つか、そのせめぎ合いで
創作する間、
ハアハアと
まるで…片想いが通じないみたいな苦しさ

何度も消したり、否定したりで
先に進めなかったけど、瞬間、

隠してはいけない、と思い直す

結果が出なかったらどうしようと
不安に捕らわれるときも、

ただ、淡々と毎日、歩き続けること

それが

後悔に囚われ、
朽ち果てていった、

過去の自分に捧ぐ、
レクイエム…


☆ピンク☆

f0070628_03251356.jpg
PS

無数に散らばる星を見上げながら、
言葉にならない祈り

あなたが愛しくて、空気になってしまいたい…

鼻水をすすりながら

寒さを振り切るように、走った…



[PR]
by sakurano-pink | 2015-12-21 01:22 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink