<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

無限のCosmoに愛されて…

f0070628_426517.jpg

f0070628_4265136.jpg


Cosmo…
湯船に浸かりながら、答えの出ない考えに埋もれる

多次元の宇宙では、時間も、空間も
縛られることなく、
無限の広がりを持つのかもしれない
こころも…

生きているこの世界で
何億人ものひとたちが、
違う場所でそれぞれの気持ちを抱えて

瞳に、星をきらめかせるように
夢を見て、恋をして

それがふたつ、同時に重なるとき…
愛し合う奇跡
だから
今、感じた想いのままに生きたいと

大切なひとの
決死の覚悟をただ聞き入っていた

まっすぐ受け止めたいけど

他の誰かが何をどう感じるか…
どの部分を優先させれば

より良い答えが導き出せるのだろう
数学的な正しさなんて求めてはいけない問題で

そんなとき…頭の中のキャラクターたちが
次々とアドバイスを投げかけてくる

見事に、彼らの意見はかみ合わず…
その掛け合いが面白くて
少し笑えた

いくら想像したところで、実際そうなってみないと
わからないことはたくさんある

もうちょっと、力を抜いて

人生をコントに例えてみれば
珠玉の知恵が導き出せるような氣がした


☆ピンク☆


PS

シャワーを頭からザーッと
滝を浴びるように、

瞬間、無になる

明日も、なんとかなる、大丈夫

そう素直に信じられるのは、

雄大なあなたに
守られ、愛されていることの証

[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-31 04:26 | ピンク絵日記
f0070628_424081.jpg

いつだって、今…このとき、
天使の羽根が舞い込む

どんな不安も…
ほわんと弾ける、
夢見がちなハートが、
今日まで導いてくれた

明日の行方がわからないとき…、頬杖をついて座り込むけど

苦難は…、ミッションに生きる道を浮き彫りにし、
間違った思い込みを正してくれる

ただ、そう信じて、
笑顔を失わずに駆け抜けてきた
単細胞なのかもしれないけど
そんな私が好き

不思議だけれど
『もうダメだ』という気持ちが強いほどに

跳ね返るパワーが、足元を奮い立たせ…

立ち上がった瞬間、
気持ちは復活している

がんばらなくていいから
ありのままの心もようを、
みとめて、

誰かのために、ではなく自分のために…

何もかもゆるしていい、と
天から与えられた啓示のまま…
どうか…続きを走らせて


☆ピンク☆

PS

雨上がりのひこうき雲がひときわ輝くのは

暗闇に閉ざされていた時間も
忘れなかった…

一筋に輝く、
サイクリング・ロード
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-30 04:24 | ピンク絵日記

夢見るデッサン

f0070628_3584845.jpg

桜草で編んだ冠を
あなたが手のひらに宿し、
奇跡の再会を祝して、微笑む

夢の中にいるみたい…

ぽろぽろ…ピアノの音色が
こぼれる、

愛しい人が歌うから、耳元で…ささやくから
そのメロディーラインに合わせて

私は、しなやかに踊るの

夕陽に閉じ込められた

二人きりの音楽室…

あの日、決死の想いで
気持ちをさらけ出してくれたこと

静かに、燃える…青い炎のごとく、

愛のこもった演奏を
私だけに、聞かせてくれた

はっきりさせない関係だから、
最初で最後の口づけを交わし、
終わらせるつもりでいた

でも…離れていても
オクターブの段階が上がるように

日々、高まってゆく想いが
とうとう呼び寄せた…

まぼろし?それとも…

頭上にふんわり…天使の輪が授けられ

ただ優しく、
その腕に抱きすくめられた

☆ピンク☆

PS

枯渇していた、魂の壺に
なみなみと注がれるインスピレーション、


明日はどんな…詩を、イメージを
奏でよう

あなたの横顔も、
取り巻く空気も

丁寧に、デッサンしたい…
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-29 03:58 | ピンク絵日記

乙女の真心

f0070628_453783.jpg


毎日、きらきら、ああ、幸せ…と
次々、押し寄せてくる楽しいイベントの波に

乗っからなくっちゃと

過去のあれこれ
思い出す暇もないくらい

日常で、リア充を満喫して、

どれだけ賢く、笑顔を引き出せる
大人に成長しても…

ちょっと視線を下に向ければ
足元に…ひっそり、咲きはじめた可憐な花

危ない、危ない…
ついうっかり、踏んでしまうところだった

忘れないで、
ここで抱えていた素朴で飾り気のない夢は
時が経った今だからこそ…芽を出し始めている

きっと、どこかで否定しながらも
捨てられなかったから…

押し潰さないで守ってきた、小さな種は、

ひんやりとした土から、少しずつ顔を出して、
何かを伝えようとしているんだ

よけいなものを付け足そうとしなくても、
多少、時代に乗り遅れても、

焦らなくていいんじゃない

手のひらで、優しく覆えば
じわじわと感じる息づかい

やっと大事なものに氣づき始めた


☆ピンク☆


PS

命をまるごと抱きしめるように
その温もりをもっと近くで、感じたいから…

あなたがいてくれて良かった
あなたが必要…

言葉には出さないけど
互いに、同じ想いを共有してる…

[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-28 04:53 | ピンク絵日記

秋桜の人へ…

f0070628_5135511.jpg

秋桜のように美しく
スタイリッシュに生きていく、
そんな
あなたは私の誇りだから…

今も愛していることに変わりはない

でも、何だか背中が遠くなっていく氣がして
胸は震える

それぞれの想いが、今日も空に瞬いて
涙に暮れるときも、
はしゃいだ気持ちで、寝つけなくて
ようやっと眠りにつくときも

目覚めた瞬間は、穏やかに微笑むことが
できますように

あなたは、勇気を出して
大海原へ、繰り出すことを選んだ

いつか、その気持ちが解る日がくるのかな

それとも
何事もなく…
平和な日々を望む私には

死ぬまでわからないかもしれない

きっと
どんな批判にもめげず、最後まで走り抜けるだろう

革新的に道を切り拓いていく

いつの世にも、そんな時代の星が必要なのだと
少し納得した
だから…

心のお家で、いつまでも
守り続けると誓うよ

いつ疲れて
戻ってきてもいいように、

私はあなたの永遠の居場所でありたい


☆ピンク☆


PS

陽の光に充ち満ちた、

フォトジェニックな笑顔が大好きだから

いつも思い出せるように、
まぶたの裏側に焼きつけておく

そう、いつの日か
誰かに、届けたい…
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-27 05:13 | ピンク絵日記

ゆれる無音のコスモス

f0070628_5164372.jpg

f0070628_5164326.jpg

ふわりと
コスモスたちは、無音で漂いながら…

田園風景に、ゆらゆら溶け込む…

無、無、無…

不可能だと思っていたことに、すこし手を伸ばせた

絶えず、周りを気にしなくては
自身の価値が見い出せない、窮屈な世界から
ちょっと、抜け出せた

何にも
支配されないと信じていたけど、どこからどこまで
その領域を守り抜けるのか
そんな簡単なことではない

1ミリでも、浸食されないで生きるなんて…

揺れて、良いんだ
瞬きながら、
どうしようもないことに振り回されても…

バランスと、アンバランスの中で、
立っている脚の軸がおぼつかなくても

納得のいく生き方はできる

自分らしさ…というあいまいな
こだわりを捨て、
一歩一歩…

小道に転がる石に、案内されながら
ニュートラルに還る旅は…、

いま、始まったばかり



☆ピンク☆


PS

柔らかい草道をかきわけ、

待っていて…
一回り成長して、あなたのもとへ
戻ってくるから、と…

流れる雲よ
愛する人へ伝えてほしい
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-26 05:16 | ピンク絵日記

とんがりソフト♪

f0070628_361439.jpg

落ち葉がクルクル回転しながら…、
不穏な風に巻かれて
足元を揺るがす…

頬にバチッと、
打ちつける、尖った葉

植木鉢に立て掛けられている風車が
警報を鳴らすように、止まらない

頭では理解できるのに
ほこりが目に入って

前を向こうにも、歩き出せないんだ

誰にも叩かれず

完ぺきに、

バランス良く生きられる人なんて
どこにいる
いたら教えてほしい

見せかけの優しさはいらない

そこまで押しつけるならば
私は後ろを向いて、固く瞳を閉じよう

後ずさりでも、前のめりでもなく、

自分を阻むものから

潔く、背を向ける勇気


☆ピンク☆


PS

何もかも、隅から隅まで知りすぎる必要はない…
本質を
見失うから


吹き荒れる嵐から

少し、距離を置くだけで
あかるい展望が
ひらけて…
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-25 03:06 | ピンク絵日記

一人に、させはしない…

f0070628_6142572.jpg

ポプラの樹の下…

ばっさりと覆う影に、吸い込まれ
身動きが取れない

あのとき交わした絆は…もろくも、
ときが経つほど、離ればなれになる気持ち

そして

思いもよらず、抱え込んでしまった
ちいさな秘密…

たいせつなひとに打ち明けられずに、
明日も、
笑えるだろうか


子どものころの
小さな手のひらが、握りしめるもの

届けられなかった手紙に散りばめられた
ことばの残骸

しゃくりあげて泣きながら
…待って、と裾をつかまれて
姿なき声を追った

大人になっても
忘れたくない、忘れない…必死にもがくんだ

母なる大地の庇護のもと、
なみなみ注がれる愛情にくるまれ、

成長した自分の
肩を両手で包めば、がっしりと温かい

一歩、踏み出せば
視線の動きに合わせて、大陸が移動し始める

思い出を連れて…いま


☆ピンク☆


PS

どうか一生分のちからをこめて
守らせて

私があなたにできる、
最後の務め

けして…、
一人に、させはしない
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-24 06:14 | ピンク絵日記

とき満つる、豊穣の…

f0070628_5523458.jpg

甘い香りの、透き通る風が、
コスモスの間をそよぎ…、

満面の笑顔の理由…それは

妖精がやわらかい羽音を立てて、
近づいてくる気配がしたから

私には、羽根がないけど
こころを全開にして、
久しぶりだねと、受け入れるSign

幾千年の時を越え、
肉声が再生される、この瞬間…

ことばと、ことばが、手を繋ぎ合うみたいに…、
互いに、結ばれる

あなたは私のシャドウ

違う時代や土地で、畑を耕し、

人生を幾度となく繰り返すたび

ともに、一緒に歩いてきた、

本当に…驚くほどシャイだから…それはもう、
壊さぬように築き上げてきた

一歩一歩の信頼関係…

安心して…互いにもう、空気で会話できるかな

手のひらで包む頬に、
優しく…キスをして、


☆ピンク☆


PS


胸がいっぱいで、
何故だか、泣き笑いの状態になる

あなたのことを想うと、それだけで

黄金色の喜びも、
雨の雫が滴る、切なさも

夕陽に溶けて…沈みゆく

豊穣のとき…
[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-23 05:52 | ピンク絵日記
f0070628_4525231.jpg


過去から、現在、未来へ…
時は止められない

塩辛い涙を飲み込み、

ほら
ジェット気流に乗るんだ

ぐいん、ぐいんと
雄大な空を、雲が走り抜けていく…

力強く、足並みを合わせていこう


この流れに従えば、明日もおんなじように
越えてゆけるはず

ひとの気持ちは操作できなくても、しかたない

それでも
わたしの気持ちは、わたしのもの…


コスモスの花畑で

はじめて目が合ったときから…
いっしょに歩いて行こうと手を取り、

これからも、そばにいるよ

愛していますと

ただ、隣にいてくれるだけで
救われる命があることを知った

あの頃と変わらず
ピュアな恋心を夢見させてくれるあなたが

今日もただ、
微笑みを浮かべて、立っている

だから
これから訪れる試練も、
この身ひとつで、体当たりしながら
向かっていくよ、

渦に吸い込まれても、持ち場を見失うものかと

不敵に笑う自分を、
少しだけ、好きになれた

愛する人に
リスペクトを寄せるように…

☆ピンク☆

PS

汗をぐっしょりかくほどの
悪夢が

教えてくれた、

本当に大事なのは
小さくても、細くても

へし折れない、花のこころ


[PR]
by sakurano-pink | 2015-10-22 04:52 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink