<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

[ナツノトビラ]

f0070628_1751481.jpg

新しい夏の扉を開くのは
ほんの少し恐かったの

閉ざされてしまった扉はもう開かない

だから
ちがうドアをノックしたら
あたたかな朝の光で生まれ変われた

私を送り出してくれて
ありがとう
f0070628_1751365.jpg

[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-25 17:52 | ピンクポエム
f0070628_16421239.jpg

ももピンクちゃん&スカイ子ちゃん(スカイ君の妹さん)と
クッキー作りをしていました。
小さい子は可愛くて大好き♪なピンクですが・・・。

f0070628_16375576.jpg

ところがふたりが、
ネコちゃんの型の取り合いでケンカに・・・。

ピンクの手には負えなくて、困っちゃったなあ。

わたしも、こうやってママに迷惑をかけていたのかも
しれないわね☆

ママ、改めてありがとう☆

f0070628_16272035.gifピンクの格言
「お母さんの目で眺めてみる」
お母さんになって周りを眺めてみると、
すべてのものが愛しく思えます。
[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-25 16:32 | ピンク絵日記

[初心に帰って・・・]

f0070628_15593678.jpg

桜野ピンクです♪
4月に誕生して以来、早くも四ヶ月が経過しました。
ずっと見てくださっているあなた!
ありがとうございます。

お友達も増えたことだし、今まで以上に
にぎやかなピンクブログになっていけたらいいなあ~♪
と思っています。

あと、はじめましてのあなたへ・・・・・・。
ピンクは、ガーデニングとお散歩が好きな
女の子です。
あなたとこれからもっと仲良くしていきたいな♪
よろピンクね♪
  ↓
  ↓ 
  ↓
http://sakura-pink.com/sorepin.html
こちらも♪
f0070628_17151734.jpg

[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-25 15:57 | ピンク自己紹介

[夏の花びら]

f0070628_1631441.jpg

夏なのにピンクの

桜の花びら。


国立(くにたち)のロージナ茶房の
チェリーティー♪

お湯でふやけちゃったけど
見えますか?(笑)

f0070628_118597.jpg

久しぶりに飲んだこのお茶は
甘酸っぱくて
あったかいのに

さわやかな口当たりでした。

f0070628_16504263.jpg

食後のチェリーティー
「花びらが開くまで4分お待ちください」

ワクワクしながら数分待って
お茶をいれた
濃いピンクのお茶だった

とてもいい香り
なんてきれいなお茶だろう

ほわほわ 湯気のなかで
ふと気になるあのひとのことを考えた

片思いの彼には彼女がいる
そう思って話しかけられなかったけど
「おはよう」ぐらい、
春になったら言ってみよう
チェリーティーに
恋のおまじないをかける


ハッピーチェリーレイン
大西 さくら / 文芸社
「ひとりでお茶会」P114より
[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-25 11:09 | ピンクフード
f0070628_10384683.jpg

カラダやお肌を洗うときは
ゴシゴシこするのではなく

泡をたっぷり、モコモコにして撫でるように洗うと
汚れが落ちやすくなります☆

チカラをいれると毛穴に汚れが詰まって
かえって落ちないんです・・・。

f0070628_10402165.jpg

でも泡立てすぎて
うさぎピンクになっちゃいました☆♪
てへ。
[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-25 10:41 | ピンク絵日記
f0070628_1401782.jpg

自転車で
ゆうらり ゆうらり

ピンク天使が舞い降りる


花びらのようにあなたの手のひらに迷い込んだ私を

どうか詩集にそっと挟み込んで
[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-22 13:58 | ピンクポエム
f0070628_13503292.jpg

カフェで出会ったちいさな
ピンクちゃんは
手を握り返すチカラが強かった

「まだ二ヶ月なんです」と
その子のパパはわらう
ママも幸せそうにわらう

あなたのその手のチカラで
この幸せをぎゅっと離さないでいてね

ただただ
生まれてきたことにありがとう
f0070628_1352303.jpg

[PR]
by sakurano-pink | 2006-08-22 13:53 | ピンクポエム

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink