猫手のシグナル


f0070628_01360037.jpg


かつてあの子がゴロゴロと喉を鳴らしながら
寛いでいた

定位置のソファの匂いを嗅ぎながら

会いたいなあ…会えるかも…

奇跡は起きる

今この瞬間、抱いた期待と共に
そっと目を閉じれば

まぶたの裏に、果てしない
サファイアの空間が広がり、

ダイヤモンドを砕いたかのような
きらきらの
星屑のシャワーに、勢いよく押し流され、

光の速さで辿り着いた
プラネットステーションで、

最愛の猫シルビアに会ったよ

ご自慢のヒゲも、しっぽも、ピーンと
立っていて、
気まぐれに大気を闊歩していた

天国での役職は、宇宙警察

数々の惑星を渡り歩きながら、
のんびりするのが主な仕事で、

お腹が空いた、寒い、暑い、眠いなど

ちょっとでも異変を感じたら、
ニャゴニャゴ警報を鳴らすみたい

こわもての
鋭い目つきの彼が取り締まるなら、安心安全ね

私のこめかみにも、猫手でちょいちょい
突かれるシグナルが届いていた

もっと、常日頃から
遊びましょう

心が休まらず

忙しい、と感じていた理由は、
周囲の反応を
気にして生きていたからなのかもしれないと

もっと、素敵なおのれを見つめよ

誇り高く地上で生きた
彼からのメッセージ

☆ピンク☆
f0070628_01304186.jpg

PS

あなたが天国に行って
一年半…、

哀しみが癒えない内は、ただひたすら
恋しくて
写真を見ても、見なくても

涙をこぼす日々…、

時間が少し経ったいまだからこそ

私たちは、一心同体で

愛と信頼と
永遠の絆で、繋がっていることを
想う

今日も変わらず

深い深い安堵のなか、
すやすや寝息を立てながら…

[PR]
by sakurano-pink | 2017-11-11 01:41 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink