気まぐれBaby trap

f0070628_19481612.jpg

きらきら…昼の日差しが降り注ぐ紫陽花を
ぼんやり、眺めていたら
涙がぽろり…

そうかと思えば、

何だかそこら辺をトテテテテ…と走り回りたい気分で
ちょっとした暴走、

あらあら…ごきげん直してね…、

ふぅと、一息つき、

ふだんの行動が
機械的になっているな、と気づいて…

心の奥の奥まで引きこもってみると、

果てのない哀しみの海を漂っていたいだけの気分だった

前を向いてひたすら歩けばいいってものでもないんだね
何か置いてきぼりにしている感じがした

気の利いたことを言いたくて、『早く、早く…』と
自分を急き立てていると
本当に何も出てこないし、

『そんな焦らせないでよ』と、猫がふて寝するみたいに
心は、背を向けた

何もしたくない、何も見たくない、
何も知りたくない、
何も…語らない

それは、逃げなのかもしれないけど
一時的に、羽を休める時間もあっていいと思うから

流れるように動くためにも、
ほんの少し待っててね…と

小鳥の背中を優しく撫でるみたいに、いたわる

自分との信頼を取り戻すため、
イチから、また、ひとつひとつ建て直していこう


☆ピンク☆
f0070628_19432154.jpg


PS

言いようのない、
ぶわっとあふれだしてくる感情には、

どんな立派な正論も
筋の通った理屈も、

まるで通じないの

『可愛いね、
良い子だね、
大丈夫だよ……天才!』

って…よくわからないけど
欲しい言葉をひたすら投げかけると

気が付いたら、自信は回復しているもの

赤ちゃんの頃から、ずっとつき合ってきて…
私って…意外に単純だと知った

自分とのていねいなデートは
これからも、欠かせない

[PR]
by sakurano-pink | 2017-06-19 19:48 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink