真冬の使者のささやき

f0070628_18411161.jpg



厳格な冬という存在を目の前に

吐く息の白さも凍りそう…と嘆き、

自分が
得体のしれない何もかもに
呑み込まれそうなとき、うつむき加減に

長いこと、連れ添ったフードに身を埋め、

何も見たくない、知りたくない、
この緊張感に耐えるぐらいなら
消えてしまいたいほどの衝動に、

全身がガクガクと震えるけど

顔を上げ、
降り積もった厚い雪を

まず一歩踏みしめて、
前方にシャキーンとひろがる世界は

さん然たる白銀の景色

マイナス10度の中、感じる陽向では、

淡いブラウンシュガーに揺れる瞳に

ピュアに澄み切った空気が
目に見えるようで、

はじめてなのに、はじめてじゃない懐かしさは
一度、忘れてきた記憶のカケラが
虹のかがやきを秘めて、
手元に戻ってきたから

宇宙に
全幅の信頼を寄せることって結局、

起こることすべてに身をゆだねていくことと、理解していても

突如、柵が立ちはだかる
運命の審判が下るとき、何度直面しても慣れないものだから

季節が変わっても、長いこと、消えず
自分の内側に居座り続けた

真冬の使者のささやきに

フラットな気持ちで耳を傾けるのみ

☆ピンク☆
f0070628_18580948.jpg

PS

この崇高な雪山の頂を
目指そうとすればするほど

握りしめていた何かを手放さなくてはならない氣がして

最後に残る
人間らしい心だけはギュッと抱きしめて

それがすべてと悟る旅路

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-01-21 19:00 | ピンク絵日記

愛を告げる使者


f0070628_01475245.jpg

銀色にかがやく冬の木々を見上げ、

首元でそっと光る
十字架のネックレスに指の腹で触れれば、

またひとつ、神さまの声が聴こえたよ

宇宙のながれに乗る、って…
きほん、まじめに向かい愛うことなの

むつかしいことじゃなくて、ごくごく当たり前に
響いてくる気持ちに
うんうん、と耳を傾けるだけ

すぐに、叶えられないこともある

そんなとき、しょっぱい涙をこぼすけど

虹がわたしのなかを通過するみたいに

あこがれは、光の速さで
わたしの未来をひらく

だから、つねに

かわいい、きれい、すてき…に
感覚を研ぎ澄ませたい

ふんわりと大きめのセーターに首を埋めちゃって

ねむかったら、日向ぼっこして
だいすきなあなたに、もたれかかる

長いこと癒えなかった哀しみたちは
何もいじわるなんかしないよ

だいじに、腕の中で包み込めば、
優しさのエッセンスとなり

たいせつな人に捧げる
慈しみに満ちたほほえみになる

ちょっとしたかんちがいが
誰かと誰かを引きはがし、繋ぎとめることも
修復すらできないもどかしさだって、

壮大なゆめを語るエネルギーとなり、

ぐるぐると、体内を駆け巡るよ

☆ピンク☆
f0070628_01411864.jpg

PS

すこし成長して、
おとなのルールを知ったころ、

どのグループにも属せなくて

子どもの世界は、くるしいものだと思ってたの、

だけど

わたしが認識するまえの
もっと、もっと子どもだったころは

けがれを知らない瞳に
おひさまも、あめも、透き通るくうきも
ありのまま映していたんだ

いまは
この世にある愛にすべて気づいたなら
一身に受けてしまったら

しあわせでとろけてしまうんじゃないかと

頭がいかれちゃうんじゃないかと怯えて
知らずうち、感じることをセーブしてたね

だから、今度は自分に言うよ

だいじょうぶ
なにも、こわくない


[PR]
# by sakurano-pink | 2018-01-21 01:57 | ピンク絵日記

明日も夢見るロンリネス

f0070628_23460010.jpg

フード付きのダッフルコートを脱ぎたくなるほどの
昼間のあったかさ…、

夕方が近づくにつれ、
すこしだけ、春の香りがして
鼻がくすぐったくって、

ああ、なつかしい

以前、夕焼けに染まる
渋谷の歩道橋にて感じた切なさ、

人混みのなかのちょっとした淋しさ

寒空で、失ったものの哀しみに浸ってるときは
ふだん、そばにある奇跡のきらめきに気づけなくて

安心できるなにかを、必死になって
かき集めようとする

孤独を孤独と感じないほどに、ひとりぼっちは
得意だと思っていたけど、

何だか、めずらしい…

彷徨い続けて気づいた

物理的な時間や
スペースの余裕もだいじだけど、

こころの世界が広いことは
もっともっと、たいせつ
色とりどりの感情を収められるから

感性が豊かであれば、

暗闇で吐く
白い息がほんわりとハート型に見えるのだもの

わかりやすい幸せだけじゃなく、
こういう気持ちも、ここにあっていいね

今はただ、愛しいあなたのそばに
寄り添っていたいよ

☆ピンク☆
f0070628_23502622.jpg
PS

ああ、こんなに揺らがされて、
追いつめられてじゃないと

自分の本心に気づけなくて

ほんと、土壇場で
冷や汗をかきながら、身をもって知る

だから、いまからちょっとした賭けに出る

自分を変えることより、

変えない勇気を持ったまま、
朝を迎える

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-01-09 23:53 | ピンク絵日記
f0070628_18144568.jpg
青空の下、
冷たい風を頬に受けつつ、

曲がりくねった歩道橋を越えて、

ぽくぽくと
幾億年前から続くたましいの旅は、
完結しない

それでも、
今のこの人生がすこし、特別なもののような
氣がして

ひゅるりひゅるりと、冬にさらされて、悟った

愛を伝え尽くして、きらわれるほうが良い

だって、本当に、あっという間よ

いっしゅんにしてステージが切り替わる
死という儀式を恐れているが、

生まれ変わってきた遍歴から言えば
きっと、何度も経験してるのだろう

ただしく自己を愛するとは、
取り巻くすべての存在を認め、
起こる出来事も、心によぎる想いも、すべて

在っていい、と抱きしめること

ときに、人生のリズムが狂うとき、
それらを疎ましく思ったとしても、

真実の未来につづいていく何かを神が
組み込んでいるのだ

公園の小高い丘に座って、季節を感じるために
やることは、いつのまにか山ほど増えていたけど、
ボーっとするために、ここに戻ってこよう

どんなに日常でやることがあったって

生きているかぎり、ハートはとくとくと動き、
意識をしなくても、呼吸はするのだ

思索に耽り、哲学すること

感じることは、感じる生のままで
たいせつにしていいのだから…

悩む人は、悩むのが好きだから、悩むと言うし、

無駄なものだと切り捨てられがちでも

積極的に
前のめりになって、悩みたい


☆ピンク☆
f0070628_18175942.jpg
PS

『これでいいんだ…』という確信が生まれたとき

ひとつひとつの自分の足取りを認められそうで
ちょっとした自信になった

遠い先の未来にロマンティックな想いを馳せていたかと思えば

お気に入りのミルクキャンディーを切らしてしまい
慌てる

まとめなくていい、まとめられなくていい…
記しておくよ

[PR]
# by sakurano-pink | 2018-01-05 18:24 | ピンク絵日記
f0070628_19363852.jpg
大みそかまであともう少し…、
落ち着かず、ふわふわしているものの、

心境としては、
黄金色のイルミネーションに負けぬほど

きらきらとハートは輝きだし、ときめいていて

燃え上がるほど
ワクワクと、走り出したい衝動があるのに

その気持ちを表現する術を知らず、
どこから手をつけていいかわからないから…、

ポリフェノールが詰まったチョコを
ひとつぶ口に頬張って

ここに
ラブレターの様に書き残しておこう

これを偶然、目にしたあなたのために綴るよ

お気に入りの曲のサウンドの隅々まで、聴き込むと
その世界に瞬く間に誘われてゆく

たましい、こころ、手足…全身の筋肉を使って、
感動を伝えたいと思うのに、

どうしたらいいのだろう、と、もどかしい…
それは、あと一歩で叶いそうで
叶わぬ片想いのよう…、

焦燥感と
ゾワッとする甘美な苦しみが、全身を貫くとき、

息もできぬほどの殺風景な真空に溶けて消えてしまわぬよう

無言で、想いを、押し殺す…

そうでもしないと、この場に身を置いて居られない

圧倒的な宇宙に呑まれ、

自分自身を認識できなくなりそうだったから…

まぶたを閉じて、

ロケットのごとく、決意を点火し、
突き抜けて、どこまでも、超えてゆくイメージ…

明日も、これから先の未来も
見えなくなるほどに、

此処にいて、今、この瞬間を満喫する


☆ピンク☆
f0070628_19382181.jpg

PS

あっという間に一日が過ぎてしまう…

まだ足りない、もっと欲しい

命の躍動を表す時間を求めてやまない

それは、あなたの細胞の一つ一つを
味わい愛でるみたいに

激しい何か…

[PR]
# by sakurano-pink | 2017-12-27 19:43 | ピンク絵日記
f0070628_19360634.jpg

f0070628_19424620.jpg
あっけらかんとした晴天の日に、
ぽかーんと
フリーズしてしまったが最後、
足を踏み外し、

不安定な
グラグラとした世界へ召還され、

ぐるぐるぐる

突然出現したかのように思われる
分厚い壁など、ちょっとやそっと刺激を与えたぐらいでは

取り去らわれるわけもなく、

目の前に立ちはだかるそれは、まさしく
でかでかとした

得体のしれない帝王で、

顔から吹きだす汗は涙と入り混じり、

力が抜けて笑うしかなかったが

ぱーんと胸を張り、
覚悟して、悪夢に呑み込まれていく、

堂々とした出で立ちは

大都会のスクリーンに映し出されるほどに、
鮮烈だ

そして
大真面目に私『何やってるんだろう』
と向かい愛うとき、

もう無理する必要ないから
でーんと構えていなさい、と神からの声

記憶が飛ぶことはないけど、今まで積み上げてきた
やり方とか、思い込みが吹っ飛ぶ経験ってあるある…

もうそのままのズタボロな形を『しょうがないな』と
受け入れ、愛する勇気を持てれば…

いや、愛するということが仰々しく感じられるのであれば
せめて

壁にコツン、と頭をかるくぶつけてしまった自分を
あはは、とかるく笑い飛ばせれば

もう、それでいいのだ

これでいいのだ


☆ピンク☆
f0070628_19501517.jpg

PS

一年の終わり、
世界が夕闇に溶けゆく瞬間に

再度、立ち会う

プレートの隅から隅まで覆われたクリームを
なめつくしたくて

欲張りにパンケーキをなすりつけて
口に運ぶ、

そんな、無秩序でいびつな美しさを放つ
宇宙の片隅にて

[PR]
# by sakurano-pink | 2017-12-26 19:59 | ピンク絵日記
f0070628_23585375.jpg
甘くチャーミングな
マライア・キャリーの歌を聴きながら

天井のクリスマスボールを見つめる…

純真無垢なプレゼントを受け取ったよ

もっと、もっと…シンプルでいい

どんなに体当たりしても、
びくともしない、解決しない問題は

複雑に絡み合った糸じゃなくて、
ちょっとしたボタンの掛け違いが理由だから

色とりどりのもの、ユニークなもの、幾何学的なもの

様々だけれど

ひとつひとつ、取り外して
もう一回、やり直す…

そしたら、

降り注ぐ小さな奇跡ひとつひとつをそのまま、
生まれたてのまま、受け取ればいい

素直になれないタイミングのときは、ふて腐れても
サンタクロースは待っててくれている

遅すぎる、ということはないの
こころの焦点を愛に合わせた瞬間から、

熱い王子様の視線に気づいた

ちょっと先のこと、明日のことはその瞬間にお任せして
今に集中するスイッチをカチッといれる勇気を
持つだけでいい

もっと、夢見て、うっとりして、

キラキラの奔流を走る
トナカイのシートに座ろう

今、ここから、運命の巻き返しが
はじまる


☆ピンク☆
f0070628_00030017.jpg
PS

涙ひとつぶ飲み込んだら、
甘酸っぱい苺の味がしてキュンとした…

これ以上、私を取り囲む優しさに気づいたら
嬉しくて、しあわせで

溶けてしまうかもしれないと

いままで
意識的に目を背けていたのかな…

二度とこない今日という日を
愛おしく抱きしめて

おやすみなさい

[PR]
# by sakurano-pink | 2017-12-25 00:03 | ピンク絵日記

とある冬の情景

f0070628_17243867.jpg
12月の石油ストーブの匂いと、

図書館の本棚は、パラレルワールドの出入り口

おかっぱで、だぼだぼのブレザーを着ていた
学生時代、窓際に座って、足をぶらぶらさせながら

学校をひょいと抜け出すことに
憧れがあったから、

サボる勇気はなかったけど、

放課後、ちょっとだけ、逃避行

ほこりをかぶった一冊の本の
天から小口まで
きらきらゴールドが施されていて、頁をめくれば、
何処にでも飛んでゆけた

魔法が使えるようになりたい
秀でた才能が欲しい
目の前の恋を叶えるため、
あの人だけの
スペシャルになりたい、とか

あの頃は、あの頃で、いろんな願望のデパートだったけど

本当に満たしたいのは、
たましいの命を司る根っこの部分であり、

ヒヤシンスの球根が水をぐんぐん吸い上げていくように、

彩りあふれる言葉、イメージから発せられる
潤いを渇望していたのだ

それでも、

いま、ほんの少し息苦しさを感じるのは、
何故だろうと、空を仰ぐ…

運命を変えるには、バンジージャンプを飛ぶのと
同等なぐらいの勇気のいる挑戦が必要、
と聞いたとき、

世間的でいう大人の私は、
髪色を変えることを思いついたけれど、

冬の日差しは、いっしゅんにして
ヴァージンヘアーを亜麻色に染めたとき、

ふんわり光を吸い込む、
ミルク色のセーターに身を包まれながら、
まどろんで、気が抜けて、ホッとして

根を張った足元から、全身に広がる
幸福の血流を感じて、


展開が早くてついてゆけないストーリーに巻き込まれるより、

だらーんとして、ぼーっとするほうが
落ち着くし、なんだかんだで幸せで、

もうちょっと、このまま、
大いなる今という名の懐に抱かれて

生まれたての赤ちゃんのように、
守られていたい

☆ピンク☆

f0070628_17413451.jpg


PS

母が、
バッグに忍ばせていたチョコレートを
恵んでくれたり、

帰り寒くないようにと
手袋を貸してくれたりと、

気持ちがホッ…と柔らかくなることが
つづいてゆく

生まれてから、今に至るまで
変わることのない愛が頭上から降り注ぎ、

心臓のポンプは一定のリズムで
途絶えることなく、血液を供給してくれる

その奇跡に気づいた瞬間、

足裏の大地の温度までも、
ぽかぽか伝わってくるね
[PR]
# by sakurano-pink | 2017-12-19 17:27 | ピンク絵日記

時計の針が何周しても

f0070628_17002772.jpg
クリスマス・ウォーキング

どこもかしこも、

ふわふわ、もくもくと
小さなサンタクロースの笑顔があふれている

冬の冷気と、まどろみが溶けあう夜、
あこがれを着て、てくてくと出かけよう

街角で見かけた、
☆型のオーナメントを手に取ってみて…

まばゆく優しいひかりのイルミネーションに包まれるのを
感じたら、
足の指先から、じわじわ~と暖まるのを感じて

ホッと一息つけた

こんなことを考えていた…

うっそうと茂る森の
迷宮の城に佇んで、その先に行きたいのに
どの鍵もはまらない

鍵らしき、枯れ木を掴んで
焦燥感に押しつぶされそうときも

またこの波がきても、呑み込まれないように
息を潜める
呼吸だけに、ひたすら集中する

世間や誰かの決めた
価値観 ルール ものの見方にがんじがらめにならぬよう

背筋をピンと伸ばして、ときにゆるめて

あちこち見渡して、血眼になるより、
よけいな体力を消費しない知恵も必要となってくる

不安がぬぐい切れないのなら、
思い切ってそれを味方につけて

前へ踏み出すパワーにしていくのだ


☆ピンク☆
f0070628_17105028.jpg
PS

書くこと、綴ることで

迷宮に入り込んだ
こころの象(かたち)を少しずつ、少しずつ
知ることができる

本物を隠して、
嘘で塗り固めるぐらいだったら

時計の針が何周してもいい

ゆっくり探っていこう

[PR]
# by sakurano-pink | 2017-12-18 17:11 | ピンク絵日記

サンタルチアの夕暮れ

f0070628_18013324.jpg

10階から見える
サンタルチアが響き渡る夕焼け

天使から贈られた極上のひと時

あなたがただ黙っていたから、どうしたの、
と聞いたら

瞳を輝かせ、
「感謝してる」と告げてくれた

何もできなくていい、
何もしなくていい、

心の調べが、不協和音を奏でているとき、

もともと備わっているはずの
運命のレーダーが作動していないだけだから

「ここは、ゆったり時間が流れているね」
と言うあなたの言葉で、

ハッと気づく

居心地のよいソファの感触をただ味わう

流れゆくときを愛でれば、

足の裏ぽかぽかしてきたよ

ちょっと、うたた寝している間、
どんな夢を見ていたかなんて、覚えていなかったけど、

目覚めたとき、窓の格子の向こう、

夕暮れの雲は、愛しいあの子に
そっくりの形をしていた


☆ピンク☆
f0070628_18030350.jpg
PS

握りしめた手の温もりの優しさに
感じ入る

おやすみなさい、愛しい明日のために

おやすみなさい、
今日受けた恵みの余韻に浸りたいから

いまこの瞬間、降り注ぐ奇跡を
抱きしめて

[PR]
# by sakurano-pink | 2017-12-13 18:04 | ピンク絵日記

↑小沢幸生さまが描いて下さった最高に素晴らしい桜野ピンクちゃんです。


by sakurano-pink